デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

妄想日記18

2013年05月26日 10:54

亜矢の淫靡なヒダは正直だった。

バイブを使った愛撫をしている時よりも、俺のものに生き物のように吸いついてきた。

「いいよ。亜矢のまんこ最高だよ。俺のおチンチンに吸いついてくるようだ。いやらしいマンコだ。」

「そんなこと・・・」

耳元で荒い息をはきかけ。「いいかいいっても?もういきそうだよ。はぁはぁっ。」

「いいよ。早く来て。出していいの。そのままいいの。そのままがいいの」

「それじゃぁ。亜矢のおマンコの中にいっぱいだしてやる。はぁはぁ」

「そう・・いっぱいっ・・・・いっぱいだして!・・・・・・亜矢の中に・・・・はぅはぅ」

急に亜矢の割れ目に力が入り、俺のモノを締めつけてきた。その瞬間、亀頭から放たれた精子は、亜矢の

ねっとりとした愛液に混じり子宮口の中へと大量に流れ込んでいった。

「うっ。それっ、いっぱいだしてやる。」

「あぁっ・・・・あぁっー、いぃー、しあわせ。」笑みを浮かべながら、放たれた精子を受け入れた。

抜き出そうとすると、

「まって、しばらくそのままがいいの。」

「ん?」

「入れられてる感触をもっと味わっていたいから、抜かないで。」彼女太ももに力を入れ放そうとしない。

「わかったよ。そんなに俺のチンコマンコで味わいたいんだな。本当にいやらしい。」

「ふふっ。」目を閉じて俺と一体になっている感触を味わっているようだった。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

オレンジマン

  • メールを送信する

オレンジマンさんの最近のウラログ

<2013年05月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31