デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

8月下旬に民事ありました。

2006年09月14日 11:22

8月下旬に民事ありました。

大月女性侮辱裁判小俣市議控訴 /山梨
 侮辱され精神的苦痛を受けたとして上野原市内に住む女性大月市小俣市議を相手取り130万円の損害賠償を求めた民事訴訟で、小俣市議は、30万円の支払いを命じた甲府地裁都留支部の判決を不服として、22日までに東京高裁控訴したことがわかった。小俣市議は取材に「侮辱していない」と控訴の理由を説明した。



この先生、なんと現職です。
大月市議会総務委員会委員長をお務めです。
党派は、民主党です。


地方自治体では、9月には定例議会があります。
市議会の対応が注目されますね。

刑事裁判には「疑わしきは被告人利益に」という原則があります。
ですから、「ただ疑わしい」ということでは「有罪」にはなりませんし、現行法制上の最終結論が出たわけです。

大人的な解決としては侮辱罪は親告罪ですから、
示談にしてしまえば、ノープロブレムなんですけど、どうしたんでしょうね?

でも、それは選択肢として検討したはずで、そのうえでの結果なのだから、日本人の潔さを期待したいですね。

政界に未練があるなら「禊ぎ(みそぎ)」なんて言葉で返り咲いた先生方もあるわけだし、捲土重来を期してみればいいじゃないですか。

この先生、議員年金とかどうなるんでしょうか。

公務員懲戒免職だと年金も何もないと聞きましたが、最高裁お墨付きをもらった議員はどうなんでしょうか?

テレビニュース番組あたりでやってくれないかな。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

Ks

  • メールを送信する
<2006年09月>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30