デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

モテる女の秘訣 その2

2006年09月12日 20:14

昨日このタイトルで書いたら、いつもの倍以上の反響が・・・
まあ、反論のようなものもあったわけで、補足も含めて書こうかと。

でも、これ、ちゃんと書こうとすると長くなるなんてもんじゃないと思うので、軽くシリーズ化しようかと・・・。

さてさて。まずは誤解を解くために書いておきます。

まず、「モテる」の定義から。というのも人によって考え方はいろいろあると思いますので。

1)不特定多数の男性にチヤホヤされる。
2)人気がある。ナンパされる、など。
3)周りの男性から告白される。
4)好きになった男性を振り向かせられる。
5)付き合ってる相手が離れられなくさせる。
6)冷え切った関係を復活させる。

なんてのが考えられるわけですが、私が言うのは3以降の部分になるかと思います。

まあ、モテる要素を実行すれば、結果的に2や1の方向にも動くとは思いますが、ある程度外見的要素とかが絡むものが多いと思いますので。

つまり、「やらせてくれそうな女」を演じることでモテるようになりますよ、と言った手前、ここで切らせてください、と。

で、現実にどういう風に実践するかとかは今後書いていくとして、何故そうなのかって部分を。

まず、基本的に人間は動物であって、本能で生殖をすることが種の保存という部分で逃れられない宿命にあったりするわけで、ゲイ等特殊な事情が無い限り、これに伴って行動が決定づけられるわけです。
どんなに理性があっても、フェロモンとかに影響を受けるということは否定できないはずですので。つまりは、美人であるとかスタイルが良いというのは、二次的なものであって、本質ではない、というのが根本的考え方です。

そういった考え方に基づくと、♂は♀に対しては、健康な子孫を産んでもらうために生殖を行う。この手段として恋愛という過程を経るわけです。
また、♀は♂に対しては、優秀な遺伝子を求め、自らの子孫をより優秀にしようという方向に向くわけです。

自然界では、美しいことが優先される種類もいるじゃないかという指摘があったわけですが、これも当然理由があります。
例えば尾長鳥や、孔雀などは、より美しい♂が優位にたつわけですが、これは「生き抜く力」の尺度なんですよね。美しいということは目立つわけで、狙われやすく、また尾長鳥に至っては、逃げにくいという副産物もうまれてしまいますが、そういう中を(いろいろな要素がありながらも)生き抜いてきた事実が、優秀な遺伝子であるという認定で、遺伝子を残していく、といわれているわけです。

翻って人間の世界で考えれば、男性の魅力は何といっても「仕事ができる」ことだったりするわけです。生き抜く力というのは、現代の人間社会では「金を稼ぐ」ことであり、「食わせることができる」ことだったりするわけです。
「食わせる」人についていく、というのは今に始まったことではなく、皆さんも御存知のとおりかと思います。

かの漢を興した劉邦は、項羽に勝ったのは最後の1戦だけだったのにもかかわらず、勝利者となったことは歴史も証明しているわけですが、この場合、能力的に見ても、おそらく項羽の方が有能だったでしょうし、そもそも、劉邦の劉は姓として、邦なんてのは、名前ではなく「アニキ」くらいな意味であり、また部下は優秀なのが揃っていたようですが、本人は特別な才能があったようには見受けられません。

一つには、神格化するために特別な才能を隠しているのかもしれませんが、項羽から逃げるために自分の妻子を投げ捨てるような行動をとる人物ですから、まあ、普通の人だったと思ってもいいはずなんですが、人がついてきてる、というのは、間違いなく「食わせていた」ことだけが原因だったんじゃないかと思います。

かなり話は脱線しちゃいましたが、人間とは言っても、動物である限り、本能の部分からは逃れられないということを言いたかったのです。

で、モテる女は小手先の技術論とかも沢山あるようには思いますが、究極的には、男が本能的に「この女とはヤれる」「子孫を残すことができる」と感じさせる女性なんではないか、というのが私の基本理論なわけです。

次回からはある程度具体的に書いていくつもりです。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

りょ

  • メールを送信する

りょさんの最近のウラログ

<2006年09月>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30