デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

恋の記憶 2

2006年08月23日 04:57

恋の記憶 2

別れは突然でした、俺にとっては。

「あのね、私留学するの。だから別れよ・・・」
彼女からの報告でした。期間は2年、アメリカのとある大学に。俺と付き合ってすぐくらいに決まっていたそうだけど、なかなか言い出せなかったらしい。

精神的にやられると、吐くってことを初めて体験した。

もちろん俺は、「帰ってくるまで待ってる!」って言った。絶対に待つつもりだった。でも、彼女が「だめ、2年も私に縛り付ける事なんてできない・・・」って。「ちゃんと別れて、また彼女つくらなきゃだめだよ!」って。


そのとき初めて大きな喧嘩をした。


「人の気持ちも知らないで!ふざけんな!!アメリカにでもどこにでも行っちまえ!」って真剣に思った。でも、彼女の考えを聞いたうえで、彼女のこれからの事を考えたら、ここでケジメをつけないといけないって気持ちが出てきた。
ドラマみたいにはいかないよなぁ・・・」って。

一番悩んで、苦しんで、泣いてたのは彼女だった。

俺ができる事は、1ヶ月先の出発の日まで、ちゃんと彼女のそばにいてあげる事。短くて辛い1ヶ月だった。

出発の5日前、彼女の部屋を引き払うための手伝いもした。彼女のお母さんにも初めて会って、挨拶をしたが、「ごめんね、こんなことまで手伝ってくれてありがとう」って泣かれちゃった。その日から彼女は実家へ。

出発前日、最後の1日を彼女は俺と過ごしてくれた。泣きながら、何度も何度も唇と身体を重ね、互いの気持ちを確認し合った。

出発当日、成田彼女を見送る御両親と俺。言葉が見つからなかった。
唯一言えたのが、「風邪引くなよ」だった。


飛行機は飛んでいきます。

俺の心を現しているような、大きな大きな音を立てて。

遠い遠いところへ。



初めて人目をはばからずに泣いた。


彼女が今後、他の男に幸せにされることを考えると、キツかった。俺が彼女のことを幸せにしたかった。1ヶ月で5キロ落ちたが、カフェでバイトを始めることで、なんとか気持ちを紛らわす事ができた。

彼女との約束で、互いのことをひきずらないように、思い出のものは遠い所に置いてきたので、今は何も残っていない。

唯一、「どうしても手元においておきたい」と俺が駄々をこねて残したものが、誕生日にもらったダイスデザインペンダントヘッド。
別れの日以来、着けることもなく大切にとってある。でも、これからも着ける機会はないでしょう。

ユーリ、今君は幸せかい?

このウラログへのコメント

  • ふぅか 2006年08月23日 06:25

    2人で決めたコトだから仕方ないのだろうけど、こんなに好きでいてくれるなら2年なんて短いのにな。切ない

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ユーキ

  • メールを送信する

ユーキさんの最近のウラログ

<2006年08月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31