デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

甘い生活。   ~続き~

2006年08月22日 20:32

こんばんは。
昨日はごめんなさいね。今日は一昨日の続きを書きます。

昨日は別れた彼の事まで・・・別れた理由とか・・・書いちゃったから・・・時間が掛かっちゃったけど・・・今日は省略して・・・年下の彼との事だけ書きますね。


前の彼とやっと別れられて・・・でも・・・美喜の心は病んでいて・・・この時の事は機会があったら書きます。
そんな美喜の心を彼は必死で暖めてくれたの。
美喜が淋しい時はいつも傍にいてくれました。
そして、二人は付き合うようになりました。

その時の美喜は運転免許を取りに教習所に通ってたの。
彼は買ったばかりのピカピカの車で迎えに来てくれました。
彼のバイトがない日は・・・美喜を会社か教習所に迎えに来てくれて・・・夜のドライブに出掛けました。
ある時、見た事もない所で・・・道も分からず・・・「ここは何処なの?」ってなっちゃって・・・美喜は方向音痴だし・・・彼の出身は北海道で・・・こっちに出て来たばかりだし・・・途方にくれて・・・美喜は・・・明日はお仕事なのになぁって考えてたの。
そしたらね。彼が「大丈夫だよ。美喜は何も心配しなくていいよ」って・・・コンビニに道を聞きに行ったの。
美喜はチンプンカンプンな説明でだったけど、彼はちゃんと分かったみたいで・・・何とか家に辿り着けました。でもね。彼の家だったの。
でも・・・美喜はもうヘトヘトで・・・お泊りしちゃった!
それが彼との初めてのお泊りだったなぁ。

彼は昼間は会社で働いて、夜は飲み屋でバイトしてたんだけどね。
そのうち、彼は会社を辞めるって言い出して・・・美喜は必死に止めたんだけど・・・彼はその方が稼げるからって・・・
彼は会社の寮みたいな所に住んでいたんだけどね。
1Kだったかな?そこを引っ越して・・・美喜と一緒に住みたいって言われたの。
美喜は彼の事は好きだけど・・・結婚は一生しないつもりだし・・・美喜は自分のプライベートを大切にするタイプだから・・・一緒に住むのはちょっと・・・抵抗があって・・・イヤだって言っちゃった。
でもね。彼は全然平気で・・・ダメならいいけどって・・・何件も物件を見て廻ったな。
一緒にね。何件も、何件も・・・

そんな時、美喜が奇跡的に土日のお休みが取れて・・・彼は土日休みだったから・・・彼の家で二人で過ごす事にしました。
金曜日の夜。
美喜はお仕事の後・・・ちょっとお買い物をして・・・彼の車でちょっと眠ったの。
美喜はよく彼の車で、彼のバイト中に眠ったり、待ったりしてたんだけどね。
彼は心配して、何回も車に見に来てくれるの。
その時も彼が見に来て・・・怖いから、彼と一緒にお店に行きました。
そこで彼のお仕事が終わるのを待って・・・彼と一緒にドライブしたの。
でも、美喜はすぐに眠くなっちゃって・・・気が付いたら・・・彼の家の前でした。
季節は冬。
外は寒くて・・・二人は抱き合いながら、部屋の中へ・・・部屋に入ったら・・・もう我慢できなくて・・・玄関で、ブーツを履いたまま・・・彼がキスをしてきて・・・美喜も火が付いちゃって・・・彼のほっぺを両手で包んで・・・甘くて・・・熱い・・・キスをしました。
でも、お部屋は寒くてね。
彼がお部屋を暖めてくれて・・・美喜はシャワーを浴びて・・・彼が後から入って来て・・・後ろから美喜の身体を抱きしめてくれました。
彼の手が美喜の胸に・・・美喜の一番敏感な所にも・・・美喜はもう・・・立っていられない位・・・感じちゃって・・・気持ち良くて・・・ベッドに行きたいって言ったの。
だって、彼の部屋のお風呂場はとっても狭いんだもの。

彼が美喜の身体を拭いてくれて・・・手を繋いでベッドまで行ったの。
彼はとっても素直で・・・美喜がして欲しい事を言うと・・・その通りに・・・しかも・・・上手い・・・っていうか・・・気持ち良いの。
美喜の首に唇をつけたり・・・耳元でささやいてくれたり・・・おっぱいを・・・舌で・・・指で・・・唇で・・・歯で・・・あぁ。美喜は使えない言葉がいっぱいあるから・・・困っちゃう。



あぁ。ダメです。
美喜の好きな事が全部分かっちゃう。
ちょっと頭を冷やしますね。


今日はここまでで・・・



それから、昨日の画像は・・・やっぱり恥ずかし過ぎるので・・・消去しようと思います。







コメレスです。



佐渡さん
コメントありがとうございます。
一番乗りおめでとうございます。というより、ありがとうございます!
キャッ!キスですかぁ。嬉しいなぁ。
じゃ。美喜もキスを!チューーー!長いかしら?


もとひろさん
楽しみに待っててくれたのに・・・ごめんなさいね。
どうも、美喜は余計な事ばっかり書いちゃって・・・
美喜は冷静に描写できないの。
ごめんなさい。


ジャックさん
あらぁ。ジャックさんが愛に飢えてるなんて・・・勿体無いですね。
でもね。きっと・・・ジャックさんも甘い生活が・・・待ってますよ。
その時はお話を聞かせて下さいね。


てつやさん
とっても、分かります。
美喜はご飯さえもいりません。
でも・・・何日も続くのなら・・・さすがに食べないともたないかも。
憧れちゃうなぁ。


夢先案内人さん
え~!ホントですかぁ?
嬉しいです!
あのぉ・・・他の部分もって?どこの事ですかぁ?
キャッ!想像しちゃう!


pohohoさん
コメントありがとうございます。
同棲・・・素敵な響だわぁ!
朝昼晩ですか?Hし放題だなんて・・・羨まし過ぎます!!
いいなぁ~!


タケシさん
ごめんなさい。
余計な事書いちゃって・・・事故の話はかなり重いので・・・省略しますね。
楽しみにしてくれたのに・・・こんな内容で・・・ごめんなさいね。
えっ?美喜と甘い生活ですかぁ?
う~ん。美喜もしてみたいなぁ!


hiroさん
キャッ!!嬉しいコメント!!
ホントかなぁ?
hiroさんは若いけど・・・しっかりしてそうだから・・・美喜は頼ってしまうかも。
下着の色を褒めてくれてありがとうございます。
美喜のお気に入りです。


Kさん
え~!!いじわるぅ~!!
暗くしないとはずかしいもん!
身体を見られるのも恥ずかしいけど・・・照れてる顔を見られるのは・・・もっと恥ずかしい
だから・・・見ないでね。

このウラログへのコメント

  • 北大路とすけ 2006年08月22日 20:38

    ほぅほぅ、美喜ちゃんの好きな事、(. _.)φ メモメモ
    首に唇を・・・耳元で・・
    参考なった!

  • もとひろ 2006年08月22日 22:21

    こういうのを冷静に描写されると、逆に醒めちゃう。だから、照れながらの文章っていいよ。

  • hiro 2006年08月23日 09:12

    鮮明に記憶に残る大切な思い出なんですね。
    キャミソールは下着とセットかな。私も好きな色です。

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

美喜

  • メールを送信する

美喜さんの最近のウラログ

<2006年08月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31