デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

恋の記憶

2006年08月21日 04:04

この時期になると思い出す、大きな別れの記憶。大学の入学したての時に付き合った彼女との思いで。

出会いスポーツ用品店。大学入学直後、買い忘れを繰り返し、3日連続で野球用品を買いに行った俺に「毎日来ますね☆」って声をかけてくれたのが始まりでした。
その時は「来ちゃ悪いかよ!」って思ったけど、少し話をしたところ、相手も広島から上京してきた大学1年で、バイトを始めたばかりってわかった。
なんとなく一緒に食事をする約束をして、何度か遊ぶうちに、付き合う事になった。

上戸彩に似た、黒のショートカットの似合う彼女
高校時代剣道少女だったそうで、恋愛もせず、化粧の仕方もよくわからないって嘆いたたので、雑誌を見ながら「こんなのが好き☆」とか、「この髪型にしてみれば?」とか、どんどん彼女を改造(?)していった。

垢抜けて、めっちゃ可愛くなった♪

そして、お互い一人暮らしだった事もあり、すぐに半同棲みたいになる。
当然、そんな関係にもなるわけで、彼女にとっては俺が初めての相手。
ただ、俺にとって初めてが自分じゃなかったのが、彼女はとっても嫌だったらしい・・・
そんな感情があってか、彼女はHの時、とっても一生懸命だった。俺もそんな彼女に応えたくて、何度も何度もHした。
変な意味じゃなくて、とっても幸せだった。

彼女が風邪を引いて寝込んだ彼女が、「気持ち悪い・・・」と起き上がって、吐いてしまったことがあった。
その時、俺はとっさに両手で彼女が吐いた物を受け止めた。なんでそんな事をしたのかはわからないけど。
おかげで布団も汚れずにすんだが、彼女が大泣きし始めた、また吐くんじゃないか!?ってくらいに。
「どうしたの?」って聞くと、
「ゲーしたの受け止めてくれるくらい愛されてるのがわかって、嬉しくて・・・」って。
その夜は、ずっとくっついて眠りました。

19歳の初夏、ずっとずっとこの関係が続くと信じていた。

~続く~

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ユーキ

  • メールを送信する

ユーキさんの最近のウラログ

<2006年08月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31