デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

甘い誘惑(此・・・もう暴走は止まらない!!!

2006年08月11日 18:01

甘い誘惑(此・・・もう暴走は止まらない!!!

彼女(香織)は艶やかな視線を送りながら俺の胸に舌を這わせる
・・・そして乳首を舌でゆっくりなぞった後やさしく乳首を噛んだ
・・・そして這わせていた舌がゆっくりと下半身へと移動して行く
・・・俺の反応を確かめるようにゆっくりとだ。
・・・そして下半身にたどり着くと香織は俺に確かめるように
「・・舐めてもいい?」俺はだまって頷く・・・
ゆっくりと先端を優しく口に含む香織・・・唾液を溜めねっとりと絡みつく舌。ゆっくりしかし強弱をつけながらリズミカルスライドさせる(時折俺の反応を確かめるように俺の方に視線を送る香織)・・・気持ち良い・・・俺の分身はみるみる膨張し固くなった。
・・・香織スライドのピッチを上げ、時折喉の奥深くに咥え込んだ。
・・・たまらず俺はシックスナインの体制に移行する。
・・・このままでは俺の分身が暴発してしまうからだ。
それにしてもテクニシャン香織
(・・・きっと部長にもしてたんだろうな?(苦笑))
気持ちを切り替え応戦する俺・・・アソコに舌を這わせながら、時折舌を挿入する・・・そして今度はクリトリスを舐めながらアソコに指を挿入する・・・彼女の声がひときわ大きくなる。
・・・しばらくお互いに愛撫を続けていたが、我慢しきれなくなった香織が「・・・御願い・・・あぁっもう入れて・・ああっ御願いぃ・・ひぃっ」
俺は焦らすように彼女に「何を何処に入れてほしいの?・・・言わなければわからないよ。」
俺は意地悪くそう言い放った。
香織は少しの間ためらっていたが、俺が指の動きを早めると堪らずに「ああっ・・・あなたの○○○を香織のオ○○○に入れて・・・」
俺はゆっくりと体制を入れ替え上になり覆いかぶさった。
そして焦らす様に香織のオ○○○に先端をゆっくりとこすりつける・・・二・三度それを繰り返す。
堪らず香織は「あっ・・御願いだから・・もう入れてぇ!!」
なかば悲鳴に近い声で香織が答えた。


.........またまた続く~!!!(笑)

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ken

  • メールを送信する
<2006年08月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31