デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

「私はこうして犯された」−4

2006年08月04日 07:09

「私はこうして犯された」−4

私は、スカートに手を伸ばし始めた、すると、また。

「下は、立って脱ぎなさい」

私は、一瞬ためらってしまった・・・

  (まずいわ、私のパンティー濡れているのよ)

でも私はベットの上に立ち上がっていた。そうする事が当然なように。

スカートはすぐに脱ぐことが出来る、落ちたスカートを脇に寄せた。

  (いいのこれで、後は・・・お願いなんか言って)

男は当然のように命令する。

「後ろ向いてごらん」

私は不器用に後ろを向いて立ちすくんだ。

男は黙って見ている・・・見てるはずだ。私には見えないが・・・

上から下まで、男の視線を感じる。

  (お願い、何か言って、どうしたらいいの)

ベットを降りてこちらに来なさい」

・・・・えっ、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

振り向いた私の目に躊躇いが見えたのだろう。

「こっちに来なさい、よく見せなさい」

私は、ベットを降りて、ゆっくり徒歩を進めた。

男は相変わらずソファーに座りながらビールを飲んでいる・・・・・

私は静かにベットの脇から降りた。

そして少し薄暗い部屋明かりの中、一歩一歩男の元へ歩いてる。

震えているだろうか、体は火照っているのに・・・

男はそんな私のオドオドとした歩きをまるで楽しむかのように、

静かにビールを飲みながら見つめいる・・・

いいえ、私にとっては、見つめていてくれる・・・・・

男のソファーの前まで来た私は、そっとたたずむ事しか出来なかった。

きっと私の目は何かを哀願するように男を見ていたに違いない。

男は静かに言った。

「歳の割には体形崩れていないね」

かぁーと全身が熱くなった。はすかしい・・・・



私は37歳・・・既婚者。優しいだんなさんと元気な子供もいる。

身長は160センチ、体重は45キロ前後を保っている。

血液型はA型で魚座生まれ。

読者やクラシックが好きなごく普通の人妻・・・・

外見は癒し系といわれている。責任感は強い方だ。

自慢というほどではないが・・・98センチFカップの胸・・・

少し小さめだけど、敏感なクリトリス・・・

そんな人妻でありながら、だんなさん以外に彼氏がいる。

彼氏もいるのに、出会い系で人肌も求めてしまう。

どうしようもない、私は猥らに思いっきりエッチがしたい

淫乱といわれるくらい男が欲しくなる。

しかも・・・Mっ毛が強い・・・虐められるの好きだ。



男は手を少し上げ回るように指示した。

内心私はほっとしている・・・顔を見られない・・・

静かに後ろを向いた私、でもほっとしたのは間違いだったようだ。

後ろで立ち上がる気配が感じる。

  (えっ、何をする気なんだろう)

見えない・・気配だけが動いてる、何をしてるの。どこを見てるの・・・

男が何をする気なのかまったくわからない状態が、

こんなにもドキドキさせられるものなんだろうか。

「綺麗な黒髪だね」

私は肩までのストレートな黒髪だ。

「それに、さすが秋田出身、白い肌だ」

「雪のように白い肌とはこんな肌をいうんだろうな」

男の低い声はすぐ耳元で聞えている・・・・

だけど男はまだ私に触れようとはしなかった。


コメレスです。

あすか♪さん、コメありがとう。
かくいうワシもこんな体験して見たい・・・こんな男になってみたい・・・現在ヘタレSを卒業すべき「脳内特訓」の真っ最中(爆笑

れいんさん、コメありがとう。
妄想では、バーチャルでは、「心が見たい」なんてさらっと言えるのに・・・・リアルでは _| ̄|○ そんな事上手く言えないです(泣)

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

風来幽人

  • メールを送信する
<2006年08月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31