デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

今日もまた、体験談

2006年07月26日 12:44

貴重な体験というものは、そうそう訪れるものではない。ただ、まったく皆無という訳でもないようである。
今日はまた違った女性とのお話。
彼女看護師だった。医院のような小さなところで働いていた。
「今日は一人で泊まりだから、遊びにきて」
なかなかおもしろそうである。行ってみた。
制服、やっぱりいいね」
「でしょ、だから着てるんだもん」
そう言うと、おもむろにスカートをたくり上げた。パンティーは履いていない。
「えへへ」
ストッキングだけというのも、いいね。脱がせる時が興ざめだけど」
局部に刺激を与える。既に気分は熟していたようである。準備運動でもしていたのか。
「そろそろ邪魔だな、・・・ずらすよ。」
「・・・・あそこだけ、破って。」
ストッキングを破るシーンというのは、見たことはあるが、やったことはない。だが、ストッキング姿に興奮していた自分は、ためらわず挑戦してみた。
びりびり。
意外と簡単である。しかも、少しだけのはずが、かなり広がってしまう。
「・・・この感覚も、いい・・・」
スカートをたくし上げ、バックで挿入する。ストッキングの抵抗は、ない。
看護師帽子?も欲しいところだが、彼女に言わせると
「落ちそうで集中できない」
のだそうである。

一回戦が終了すると、彼女は破れたストッキングのままスカートを下ろし、
「ちょっと巡回。・・・えへへ」
日常ではありえない格好で職場を回るのが興奮するのだろう。顔は上気したままである。
そして、下半身に名残を残したまま、彼女は部屋を出て行った。


経験談第2弾である。
自分の知っている看護師さんは、みんなおおらかである。彼女もその一人だった。コスチュームに興味を持ったのも、彼女のおかげである。
「非日常の体験も、いいもんだよなあ」
日常の常識的生活にどっぷり漬かって、遠くを見つめたりしてしまう今日この頃であった。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ヒイロ

  • メールを送信する

ヒイロさんの最近のウラログ

<2006年07月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31