デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

ビニ本・ウラ本の文化−2

2006年07月25日 19:58

ビニ本・ウラ本の文化−2

ビニ本・ウラ本に出会ったワシは、

これ幸いにオナニー三昧爆笑

こらこら、笑うなよなぁ・・・・・・

確かに大学はいると、色んな先輩がいて、
飲みに連れて行ってくれたり、彼女つれてくるのいたり、
環境的には、生身の女性に接する機会だいぶ増えた。
この時代、第2次(?)ボウリングブーム。
よく先輩たちとかボウリングやりに行った。
当然彼女やその友達も連れ立って・・・・
今で言う「合コン」に近いのかな(笑)


いやいや、この話は次にね(勿体つけるわけじゃない)


ビニ本・ウラ本に話を戻そう。

ビニ本と言っても、正確には何種類か。

一般的に考えるのが、写真集

しかも、エロのために撮影した・・・芸術性は?のもの。

しかも、ほとんどが女性単体物でした。

逆に、ウラ本となると・・・絡み物がほとんど。

なぜか。

かりにもビニ本は「合法的」を装ったもの・・・

とにかく「陰毛」と「陰部」は何らかの隠しが・・・

とすれば、絡みがあると、難しくなってくる。

単体の方が処理しやすい、撮影前でも後でも。

もっともワシらが「しまった騙された」と言うのは、

マジック消しと言う奴の中で・・・
さらに印刷「前」マジック消しと言う奴・・・・

これは、隠すべき所が、真っ黒マジックで塗られてる・・・

透けてさえ見えないんですよ(泣)

ビニ本の最大の特徴は、中を確認できない。

だから、買った後でしかそれが分らないのです。

印刷「後」マジック消しは・・・・

シンナーとか、バターとか、灯油とか、ガソリンとかで、

擦って何とか、マジックを取る努力ができる。

しかし、印刷「前」に黒くして、印刷したものは・・・・

どんなことしても取れないですよ(爆笑
ただ、白く印刷全部が取れるだけ(爆笑

印刷「後」であっても、これはテクニックがいる。
強い薬品や、強く擦りすぎれば、
これまた印刷インクもマジックも「油性インク」だから、
どっちも取れて白くなるだけ・・・

こんなのをつかまされた時は・・・・あきらめですよ(笑)

それもだんだん色んなテクニックが出てきた。

撮影時に何とかマジック消ししなくていいように・・・

でも、まったくの見えない・分らないでは買ってくれない。

普通の週刊誌ピンナップと同じですものね。

そこで登場したのが・・・・

スケパン・ティシュペーパー・剃毛・・・・



あぁぁ、長くなってきたので、続きは明日(笑)



コメレスです。
LBねぇーさん、コメありがとう。
まさか、とてもとても顔出しなんて出来んし、ワシの顔は「オモロ系」の部類だからなぁ。みんなの笑い取るにはいい「手段」かもしれないが・・・ムリムリ、絶対に無理です(笑)

mikiさん、コメありがとう。
凄いでしょう、真面目に送ってきたメール文、全文ですよ。全然、隠しも創作もしてない。ここまで場違いだと、逆にマジものかなぁと思ってしまう・・・いやいや、全然返信なんてしてませんから、本当ですよ(爆)

みさおさん、コメありがとう。
ハイ、加賀書店様ずいぶんお世話になりました・・・いや、ずいぶん売り上げに協力したのかな(笑)神保町にしろ、アキバにしろ・・・ここ10年も行ってないや・・・本当に変わってしまったんでしょうね(遠い目)

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

風来幽人

  • メールを送信する
<2006年07月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31