デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

ワンちゃん10

2006年07月24日 00:23

今日もワンちゃんから
君は向かい合って座って抱き合った格好で、ご主人様の大きくて固くて熱いのを、君の体の奥まで入れられて、一つに繋がりながら、おっぱいを吸われて逝きそうになってるんだね。じゃあ、君は逝ってもいいよ。許してあげるからね。ギュッ、ギュッ、ギュッ、ギュウウウって奥まで突いて、そして君のおっぱいをチュウウウウウって・・・。ああ、お漏らししながら君は逝っちゃったね。君の身体の中でご主人様のが温かく濡れたのが分かったよ。じゃあ、このまま抱っこしていてあげようね。そして、お口キスしてあげようね。ほら、舌と舌を絡ませてチュウウウって。君は下のお口ご主人様のとキスしながら、上のお口ご主人様お口キスしてもらってるんだよ。チュウウウって。じゃあもう一度ギュッって抱き締めてあげようね。
 
でも、ご主人様アレはまだ君の体の中で固く大きいままで、君のアソコの中の奥まで入ったままでしょ。ちょっと、ご主人様の固くて大きいのを、君の身体の中でピクピクしちゃおうかな。ほらピクピクって君の身体の中で動くのが分かるでしょ。でもまた、ご主人様がまだ固くて大きいままのおちんちんを、君の身体の中でギュッ、ギュッ、ギュッって、ゆっくり優しく動かし始めたよ。君はまた気持ちよくなってき始めたでしょ。ほら、ゆっくり優しくギュッ、ギュッ、ギュッって。さあ、君は疲れてるだろうから、このまま寝かせてあげようね。でも、もちろん、ご主人様のは入れられたままだよ。
 
さあ、ご主人様のまだ固くて大きいのを入れられたままで、ベッドに寝かせてもらったね。あっ!、でも今度は両足を掴まれて持ち上げられ、そのまま君の両足をご主人様の両肩にかつがれちゃったよ。そして、ご主人様が君にのしかかってきたよ。君のお尻が持ち上がって、ご主人様のアレを君のアソコがお迎えに行くように、ご主人様の固くて大きいのが、もっと君の身体の奥にささってくる。そしてご主人様が体重をかけてくると、おちんちんが君の身体の一番奥まで入る体位だよ。ほら君の身体の奥の奥までギュウウウウウって刺さってくる~う。ギュッ、ギュウウウウウウウッって。奥の奥までギュッ、ギュウウウウウウウッって!。

ジョーク
10) ある日のこと、一人の男が地獄に到着し、悪魔に出迎えられた。悪魔は、いくつかの罰の中から一つを選ぶことができると説明し、これからそれぞれの案内をするという。
 
第一の部屋では、若い男が、鎖で壁につながれてムチで叩かれている。
第二の部屋では、中年の男が、火あぶりの刑を受けている。
第三の部屋では、年老いた男が、ゴージャスな金髪女性お口ご奉仕してもらっている。
 
「第三の部屋にします」と、男は声をあげた。悪魔はうなずくと、部屋の中に向かって叫んだ。「よーし、交代だ」
 
すると嬉しそうな表情で金髪女性が部屋から出ていった。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

河中住人

  • メールを送信する
<2006年07月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31