デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

クリスマスイブの思い出

2010年12月28日 09:21

彼女ミルクティーが好きだった。

濃い目の紅茶ミルクが1:1の比率
彼女のカップには、お砂糖スプーン2杯

「できたよー」

彼女は、いつも本当においしそうに飲んだ。
僕のカップに、まだの残っているのを見つけると、

「いただきー」

いつも略奪される。
まるで子猫のようだった。

そして、そんな彼女を愛しく思っていた。

ちょうどクリスマスイブの日
二人で食事をする約束をしていた。

急ぎの仕事が入り、約束の時間よりも
一時間遅れて、待ち合わせの場所についたが、
彼女はいなかった。

メールで遅れることは伝えていたけど、
返信もなく、電話をしてもつながらなかった。

怒らせてしまったのかと思いながら、
彼女へのプレゼントを抱えながら
待ち合わせ場所で待っていた。

9時も過ぎたころ、携帯へ彼女からの着信。

警察ですが…」

彼女は、待ち合わせの場所に向かう途中
雪道でスリップしたトラックにはねられ、
意識不明の重態で救急病院へ搬送されたが、
ついさっき、息を引き取ったとのことだった。

身元がわからず、
彼女の携帯の着信履歴から
警察が僕に電話をかけてきたとのことだった。

あれから10回目のクリスマスイブが過ぎた。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

たろろ

  • メールを送信する

たろろさんの最近のウラログ

<2010年12月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31