デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

彼女の味は?

2006年07月21日 21:56

さて、ご飯も食べたし、気分良くなったところで、ウラログでも書こうかなっと。
どれくらいエロエロに出来るか…?

さて今日の表のログで書きましたが、遠距離恋愛していた時期がありました。僕が広島へ戻る数ヶ月前から付き合っていたわけですが、当然のごとく、僕の部屋へ引き込むわけですね。こっちはもう下心なんて隠す気もありません。見え見えだって、連れ込みます。それでも付いてくるわけですよね。そりゃ、するでしょう。

その日は結構脱がし難い格好をしていましたが、構いませんよ。脱がす過程も楽しいんですから。それに、素っ裸の状態で見るより、ある程度着衣があった方が、何かエロい感じがしたりして、僕は好きなんですよ。

ベッドへ誘い、軽くキスをして、脱がしにかかります。ボタンをはずし、ジーンズを脱がせ…、そのときはなかなか可愛い下着付けていましたね。僕はその下着の中へ手を滑らせて、刺激してあげるのが好きですね。そのうち、クチュクチュ音を立て始めます。感じてますねぇ、声は出さない人でしたが、身体は正直です。そのまま全部脱がさずにちょっと苛めてあげました。時々ピクンとなったりして、可愛いもんです。

その日は時間がなかったもので、余り時間はかけませんでしたが、早速全裸にしてしまい、色々と愛撫してあげたのですが、何かぽつりと言いました。ん?どうしたの?と聞くと、初めてなの…ときました。僕も初めての娘とというのは、初めてだったので、大変気を遣いましたね。とにかくよく愛撫してあげて、痛くないようにしてあげないと、と思ったのですが、いざ入れると、狭い…。キツイですねぇ。入らないわけじゃないのですが、とにかく圧迫感が有りました。

だけどやっぱり、処女処女。かなり痛かったらしく、ちょっと出血した?っていうのは分かりましたが、初めての人にはなれなかったわけです。

さて、交際続けて、次に横浜のとあるホテルで会うことになりましたが、僕は基本的にエッチなので、すぐに身体を触ろうとします。部屋へ入ったら、もうお尻からあちこち触っていると怒られましたが(笑)まぁまだお昼でしたしね。雰囲気は大切なのです。

その夜、一緒にお風呂入ろぉ~とだだをこねていたわけですが、どうして嫌だというわけです。別にいいじゃんと思うわけですが、やっぱり恥ずかしいのでしょうか。結局別々にお風呂に入ったわけです。別にそんなことで怒ったりはしませんが、彼女には怒ったように見えたらしく、ツインのお部屋だったわけですが、独りでぽつんとベッドに入ってしまったわけです。そんなムードの中で、彼女のベッドに潜り込むほど僕もバカではありませんから、そのまま寝ようとしたら、少しして、か細い声で、「ねぇ、そっち行っていい?」とか言うわけですよ。もちろん笑顔で「いいよ」と言ってあげたのは言うまでもありません。

そうなればすることは一つなんで、キスをちょっとしつこいくらいにチュッチュッとしてあげたりしました。さすがにこの時は、脱がしやすい格好でしたので、さっさと脱がしてあげて、僕も脱いで、お互いの温もりを感じていたのでした。

さて、いよいよ行動に移すかと、またキス攻撃から始めて、乳首やら、うなじとか、あっちこっち責めるのですが、全然乳首勃起してきません。元々小さい乳首だったのですけど、全くと言っていいほど反応がないわけです。当然濡れているわけでもなく。まだ数えるほどしかやっていませんでしたし、未だに処女のままだったわけで、感じると言うことが分からないのか、気持ちよくないのか、俺がそもそも下手??とまで思い、ちょっと悩んでいたら、彼女がぼそっと言いました。「ねぇ、これってすごくイケナイことしてるんだよね?」…ピーンと来ました。ああ、そうかそう言うことか。身体へ攻撃するより、妄想を膨らましてあげて、精神的に攻撃するのが、効くわけね、と。

その後は、もう言いたい放題です。
もちろんだよ、こんなエッチなことしていいと思ってるの?いつも朝早く起きるみたいだけど、独りで、僕のこと思いながら思いっきりやっているんじゃないの?寮の同室の娘とやったりしたりもしてるでしょ?ホラホラ、電車に乗ってたら、痴漢が来たよ?どうするの?抵抗しないんじゃなくて、襲って欲しいと思ってるでしょ?…etc
いろんな事をいいながら、下に手を延ばすと、もうビショビショ。これはすげぇ、と思いましたね。こうなれば、直接責めて大丈夫なわけですね。

言葉攻撃も忘れずにあっちこっち愛撫していきます。アン、イヤンとかいいながら感じているようです。さて、下の味見でもしてみましょうか。僕はこれが楽しみでやっていると言っても過言ではないくらいです。味は人それぞれ。初体験の娘は美味しかったですねぇ。もうジュルジュルと舐めとって、吸い上げてあげました。余りにも美味しいので、もう舌を使って、奥の方にある物まで残らず舐め取ったくらいです。まぁ体調とかでも味は変わりますけどね。ただ困るのが、タバコを吸った後にする場合ですね。僕は吸いませんが、タバコ吸いの娘とやったときは、味がマズイ。時間経って消えていればいいんですけど、残っていたらたまりませんね。そういう時はクンニはあまりしてあげません。

彼女の場合は、薄味でしたね。まだ初々しさが残る後味スッキリとでも言うんでしょうかね。それでも、丁寧に舐めてあげましたよ。大変満足でした。意外にもお尻も感じるようで、舌で掘ってあげたりしても結構感じていたようです。全然嫌がるようなことはなかったですね。

さて、今度は彼女が僕にしてくれるみたいです。処女なのに(と言うと失礼なんですかね?)上手い。何人かと経験したとはすでに書きましたが、後にも先にも口でイけたのは彼女だけです。ご丁寧にも、出した物まで飲んでくれました。ちょっと感激。残らず吸い取ろうとしてくれて、綺麗にしてくれました。

さて本番なんですが、やっぱり痛いって言うのがあるんでしょうか、怖がります。仕方ないので、入り口付近でしてあげましたが、そのうち、乾いて来ちゃいました。そりゃそうでしょう。しっかり入れてナンボだと思いますしね。
いい加減、これ以上やると、痛くなるだけなので、その夜はお終いです。彼女の方はすぐ寝てしまいましたが。当然腕枕でね。可愛い寝顔でした。

結局、彼女処女は守られたまま、別れることになります。結婚しようとまで言った仲だったんですけどね。まぁ僕が悪いので、どうにも出来ません。もっといい彼を見つけて、幸せに暮らしていることを祈ります。

さ、綺麗にまとまったところでお終いです。またネタでも考えましょう。色々フェチな物もあるんですが、あまり書くとなぁ、ヤバイ人になりかねないしなぁ(笑)制服フェチとだけまずは書いておきましょうか。気が向いたら、何に萌えを感じるかとか書きましょう。それではまた次回~。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

あき

  • メールを送信する

あきさんの最近のウラログ

<2006年07月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31