デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

MONDIALI FIFA 2006 イタリアとジダン

2006年07月13日 01:33

MONDIALI FIFA 2006 イタリアとジダン

踵を返した後の頭突きで フランスジダンが退場

ワールドカップ 神聖なる決勝戦は そんな後味の悪い結果になってしまいました

が!終わった今! この話題で世間は持ちきり!

やってくれたよジダン

確かにマテラッツィ君へ 見事なヘディングだったよ!

優勝したのは ワタシの愛国 イタリアなのに

そんな事より 世間はジダン頭突きに感心が集まってる

あぁ!ヤラレタ!

もしかすると この先 マラドーナの“神の手”位に後世に語られるかもね

でもね そこに どんな“誘い”あったか知らないけれどあれはどう観ても 限度を超えていた


この大会で イタリア代表は決してずっと順調だったワケじゃない

ローマ王子トッティは足首骨折完治明けで ファンタジーを発揮できたわけではないし

デ・ロッシは グループリーグ アメリカ戦での肘打ちで4試合出場停止

主将カンナヴァーロとの最強ディフェンスコンビの一人 ネスタも突然の負傷で代役を立てなきゃならなくなった

そしてイタリアサッカーを暗雲に覆う不正疑惑の影

セリエAの強豪 ユヴェントス ラツィオ フィオレンティーナ ACミランが2部以下に降格の見通し

このスキャンダルは世界各国のメディアから非難され 他国の選手から挑発さえ受けた 

これは80年代半ば チャンピオンズカップ(チャンピオンリーグの前の名称)決勝戦 全盛期のイングランドリヴァプールに起きた「ヘイゼルの悲劇」に値する事になるかもしれないね

ちなみにこの「ヘイゼルの悲劇リヴァプールと対戦相手のユヴェントスサポーター 死者40名前後と負傷者400名前後を出し 後 イングランドは5年間 国際大会への出場を禁止されました(リヴァプールは7年間だったと思う)

って イタリアサッカーがここまでにならない事を切実に願ってやまないデス><

ハナシが脱線したけれど イタリア代表は23人全員セリエAから選抜されてる

そんな中 代表メンバー23人中ゴールキーパー控え2人除く 21人が試合に出場し 12得点は10人がゴールを決めて獲た成果

全7試合の失点はオウンゴール決勝戦でのPKの わずか2失点 

これだけでも充分伝わると思うけれど ワールドカップは代表メンバー全員で勝ち取った栄誉なのよ!!

特に 7試合フル出場したにも関わらず イエローカードを1枚も貰わず 素晴しいディフェンスを世界に知らしめた主将カンナヴァーロはこの大会の真のヒーローだと思うんだけれどね。。。

世間の注目がジダン頭突きなのがなんだか悲しい。。。

フランスや 世界一ストライカージダンを愛してやまない方からすると マテラッツィー君の事 殴ってやりたいくらい憎いかもしんないけれど ワタシはイタリアって国が大好きだから 絶対“悪い”って思えない

それが “好き”って感情なんだよね

あぁ!!ワタシもローマ凱旋パレードで一緒にお祝いしたかった。。。

みんな機上断髪式であの ガットゥーゾすら丸刈りで登場していたね(笑)


イタリア以外にもワールドカップについて語りたい事はまだまだあるけれど とりあえずこの辺で。。。

また機会があったらCALCIOについて書くかもしれません

書かないかもしんないけれど。。。


画像は 先日表ログにも載せたイタリアの人気メゾン ドルチェ&ガッバーナの今期アンダーウェアの広告デス

AZZURRI(イタリア代表の愛称)がつとめています

これ5パターンあってどれもなかなかSEXYヨ!!

ちなみにACミランとドルガバ コラボって写真集出してます

シェフチェンコ ガットゥーゾ マルディーニ ネスタ ピルロ 他24選手が収録されているらしいです

ドルガバショップで買えるとか。。。(今は完売してるかもね)


画像は左から

ManueleBLASI マヌエレ・ブラジ(MF)
ユヴェントス

FabioCANNAVARO ファビオカンナヴァーロ(DF)
ユヴェントス

GennaroGATTUSO ジェンナロ・ガットゥーゾ(MF)
ACミラン

AndreaPIRLOアンドレア・ピルロ(MF)
ACミラン

GianlucaZAMBROTTAジャンルカ・ザムブロッタ(DF)
ユヴェントス


 




 

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

BB

  • メールを送信する
<2006年07月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31