デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

明るかった

2006年07月12日 11:33

アメリカリゾート地からその地名は考えられたという
海が見えるけれどどこか人工的で静かな空気が漂っている。

日本一有名なテーマパークで彼とデートした。
一日中遊びまわってさすがに疲れたけど、することはした。だって一月ぶりに会ったんだもの。

目覚めたら、外はもう明るかった。シャワーを浴びた後も彼はまだ寝ていたので隣に滑り込んだ。
今日は予定を決めていないのでゆっくりできるのだ。

彼はメガネをかけたまま眠ったようだ。はずして、彼の向こうにあるサイドボードにおいた。
真上から顔を観察・・・まつげもまゆ毛も濃い、ひげはちょっと痛い。唇はねずみ色、たばこのせいかな?


左胸が"ちくん"とした。再び眠っていたのか?ぼんやり天井が見えてきた。

「あっ」

声がでてしまった。痛いということはないが、電気が走るような感覚。何か変。
胸を見おろしてみると、彼の頭が見えた。

「ひあっ」

また"ちくん"とした後、彼は私の顔を見あげた。またメガネかけてる。

「おはよ」

飄々とした様子で彼はベットの隅に座りなおした。
私は横になったまま、はだけたバスローブをつくろいながら自分の左胸をちらりと見た。何もない。
夢だったのかな??でも、なんとなく体がふわふわしてる。変だ。

言葉がでずに、目だけでオハヨと答えると
彼は座ったまま、寝ている私にキスをした。
彼のキスはいつも長い気がする・・・ほかの人としたことないからわからないけど。

キスを続けながら、ひざをさすっていた彼の右手がバスローブの隙間から滑り込んできた。


時間がなくなったので・・つづく


>>>>>>

いつもコメントありがとうございます。

昔のことだけど、思い出すのも楽しいなあ☆と、
思いながら書いてます。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

たま

  • メールを送信する

たまさんの最近のウラログ

<2006年07月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31