デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

これもスイッチ?

2006年07月05日 16:06

由布岳の見える部屋だった。
二人で温泉旅館に泊まるのは初めてだったので
私はかなりはしゃいでいた。

運転に疲れたのか、彼はふとんにもぐって目をつぶっているみたい。
分厚い眼鏡に反射する光が気になって電気を消した。
まつげの濃い彼の目が好きだ。

2月の空気はさすがに冷たい。月が暗い分、星がよく見える。
備え付けの着物も丹前も心地よく、肩を閉じたり開いたりしながらその肌触りをしばらく楽しんだ。

「おいでよ」

後ろから声がしたけれど、彼は眠っているように見える。
眺めていた窓を閉め、丹前をたたみ枕元に来てみたけれど
・・・やっぱり眠ってる?
腰紐を彼の鼻先に垂れてみる。くちびるをこしょこしょ
・・・やっぱり眠ってる?
右と左の手首を合わせてちょうちょ結び
・・・あっ

彼の手が左右に開いてちょうちょ結びは簡単に解けてしまった。えすえむのつもりだったのにぃ

「手だして」

胸の前でしゅるしゅると腰紐がおどり、瞬く間に両手に絡み付いていった。

「ハイ」「これなら解けないでしょ?」

左右に上下に斜めに、手は動くけれどヒモは解けない。
彼の手が着物をはだけて、枕元にある鈍い灯を点けた。
小さい小さい胸が「だっちゅうの」状態。
固定された両手の向こうに彼の顔がある。眼鏡が反射して表情がわからない。

「「解いて」って言えば解いてあげる。」

右手が伸びてきて、両方の乳首をいっぺんに揺らした。
のけぞって倒れそうになった首を彼の左手が支えた。逃げられない。

「ほどいてください」

いつもと違う自分の声を遠くなりながら聞いていた。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

たま

  • メールを送信する

たまさんの最近のウラログ

<2006年07月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31