デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

妄想

2006年06月01日 17:35

いつかも同じタイトルでログ書いたように記憶しています。

____________________________


旦那は私との交わりを拒否している。
最後がいつだったか思い出せないくらいに・・・

どうしたら私に振り向いてくれるかそればかり考えている。

旦那は仕事で夜中でも朝でも呼び出される。

今日も真夜中に呼び出され、明け方家に帰ってきた。

私は夜中の電話で起こされてから、旦那が帰ってくるまで
モヤモヤした気持ちで、ちょっと眠くなったりそれでいて
またすぐ目が覚めたりを何度となく繰り返していた。

旦那が返ってくる音が聞こえた。
そのまま寝室には戻らないで、シャワーを浴びる準備をしているようだ。

私は更にモヤモヤして、この気持ちをおさめることが出来ない。
旦那シャワーを浴びる時に髭を剃るが、結構時間が掛かる・・・

シャワーを浴びる音が静かに聞こえた。
ある程度体を洗ったのを見計らって、私は1階に下りた。
そして静かにパジャマを脱ぎ、お風呂のドアを開けた。

案の定、椅子に腰掛けて、顎にシェービングクリームを塗り、
剃り始めたところだった。

私は驚いた旦那ににっこり微笑んでさっとシャワーを浴びた。

旦那は髭を剃っているので、何も話さない。

私は旦那の開いた足の間から、するっと体を滑り込ませて股間にたどり着いた。

「な、なにすんだよー」
髭を剃る手も止まって、慌てている。

「えへっ♪」
私は足の間に正座して、ダランとなった旦那のおチンチンを優しく撫でた。

旦那はフンと鼻で笑ったようにして見せたが、私はお構いなしだ。

少しすると、おチンチンは半立ち状態になった。
待ってました~とばかりに優しく口に含んだ。

そのうち見る見る大きくなった。
旦那はおぃおぃ!と小さな声で抵抗しながらも、髭を剃り続けた。

私は調子に乗って玉を優しく揉みながら、カリを舐めたり
口の奥深くまで舐めたり、ゆっくりだったり、早くだったり・・・
いろんなパターンで舐めてみた。

そうこうしていると私のアソコもじんわり濡れてくるのが分かる。

私はしゃがんだまま旦那に背中をむけ、お尻を突き上げて
旦那のピンと立ったそれにアソコを押し当てて、静かに沈めた。

あああああ~

愛撫もなしで、ブスっと突き刺さったおチンチン。
まるで知らない人に犯されているような気分になる。
私は腰を浮かしたり静めたりしながら、久しぶりのおチンチンを堪能した。

旦那はもぅ~とか何とか言いながら、髭剃りを脇に置き
私の胸を後ろから揉み始めた。それと同時に自分でも腰を動かし始めた。
下から突き上げる腰の動き・・・奥まで刺さる・・・

お風呂の中で、そうでなくてもヌルヌルなのに、私のアソコ
もうヌチャヌチャだった。
アソコからいやらしい音がお風呂の中で響いた。
それとお尻がぶつかるパンパンという音も合わさって、もっと興奮し始めた。

それからバスタブに手を突いて、私の後ろからこれでもか~
これでもか~と奥まで突いてきた。

「いい、いいわぁ~」
















なーんて朝からしたら、その後仕事なんて行きたくなくなるよね~(^^ゞ





  

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

美唯

  • メールを送信する
<2006年06月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30