デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

エロスの話 (案外読んで下さっていてびっくり)

2009年09月29日 07:50

僕なんかのどうしようもないログを
読んで下さっている女性って案外
いらっしゃるんですね。
有難う御座います。

最初は気が付かなかったけれど、
足跡機能を発見してから、見てみたら
ビックリしました^^;

僕は大学で心理学科専攻で、
今も大学院心理学の勉強を
しています。なので心理について
考える事はとても多いのですが、
深く書くと難しい話になってしまうので
簡単に・・・

エロスってのはフロイトっていう
心理学の世界では代表的な人が
エロい事だけじゃなくって、
男女関わらず「人と人とを引き付ける
力の源泉だ」って言いました。

でも僕はもっと単純に、変な理屈も
学術的にどうこう言わなくても、
エロい心がないと、人と人は
出会わないって思ってます。

そしてエロさ=孤独
なんじゃないかって思ってます。

孤独感空虚感、果ての無い寂しさ・・・

そういうのが強い人ほど
エロいんじゃないかって思うんです。

大人になるとあれこれ知恵がつくから、
自分で自分をだますようになって、
本当はすごくエロいのに、エロを否定して
逆にむっつりスケベになっちゃってる人を
よく見かけます。

昨日のログに書いたけれど、エロい
情報が大氾濫してて、そういう情報に
接すれば接するほど、何故かすごく
孤独感や寂しさが大きくなってしまいます。

した事はないけれど、そういう
寂しさを埋めたくて、一晩限りの
関係を結んでも、きっとむなしさしか
残らないんじゃないか?って思っています。

逆に何十人、何百人、いや世界の
全部の人と深い関係を持ったって、
自分が感じている孤独感や寂しさって
消えないんじゃないかって思い始めて
います。

ずっとずっと抱えてきて、でも
どうしようもなくって、何人かの
女性と付き合ってきたけれど、
何かを得た安心感よりも、得たものを
失う怖さの方が先に立ってしまいます。

永遠とも思えるほどの孤独感や、
寂しさを感じているから、常に
女性と関係を持ちたいと思っていても、
関係を持てば持つほど逆に不安になる。

下着モデルさん・・・
女性下着姿で、目の前で
裸になって着替えてもらったり、
(それでもHはしない)
しているけれど・・・

そしてモデルさんが欲しいって
強烈に思っているけれど、
下着や裸を見せてくれるってのは
よほど心を開いていないと
出来ない事(だと思ってる)から、
女性がそこまでしてくれるんだって
安心感が欲しいのかもしれません。

ただお茶したりドライブしたり
する以上の関係性・・・

それが嬉しくて仕方なくて、
ホームページを作っているのは、
どこの誰に言っているのか
わからないけれど、
「自分はこんなにも孤独じゃないぞ!」
って大きな声で伝えたい気持ちが、
ものすごく歪んで出ているだけ
かもしれません。


下着姿でも裸でも、Hはしなくて
でも途中で抱き合って眠る事があります。

Hがしたい訳じゃない。
でも何かこう、温もりとか
安心感が欲しくて欲しくて仕方ない。

エロい事を強烈に求めてしまうのは、
寂しくて仕方がないから・・・

って結論が出てくるように
思えませんか?

寂しくて仕方がないから、もし
そこに「お金」の関係を入れてしまうと、
逆にものすごく寂しくなるように思います。

結局「金」かよ・・・って。

最近のログの矛盾してる部分が
だんだん整理出来てきたように
思います。

ここまで判ったら、もう開き直って
寂しいし孤独感に押しつぶされそう
だから、たくさんの女性と関わりたい!
(だけど無責任にHは出来ないから、
 とりあえず下着までで止めておこう)
って思っちゃえばいい。

この孤独感。たとえ恋人がいる状態でも
関係なく襲ってきます。いるのと
いないのでは重さが全然違うけれど・・・

自分はすごくエロいから、すごく
寂しい。だからHまでは求めないけど
たくさんの女性と心を開きあえる
関係になりたい。

そういうのを理解してもらえる
女性と知り合えたらなって
思うようになりました。

このウラログへのコメント

  • 月乃 2009年09月30日 10:24

    共感して頂いてうれしいです^^

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

月乃

  • メールを送信する

月乃さんの最近のウラログ

<2009年09月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30