デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

文才がないので・・・

2009年09月09日 22:55

妄想小説のように表現するのは

なかなか得手でないようです。


そこで、

こんな話にしました^^;

昨日、

仕事帰りにペットに呼び出しメールを送った。


時間通りに待ち合わせ場所に来ている。

車に乗せて、○○の森へと連れ出した。


山を越えて、

平日の夕方は人気のない公共施設へ・・・。

車を停めるや、股間に触れてくるペット

しばらく、なすがままにさせてやる。


ペットは俺の目を覗き込み

おしゃぶりしてもいいか、訪ねてきた。

目で合図してやると

ベルトを外し、ボクサーブリーフの中から

いきり立った肉棒を取り出し

鈴口から裏スジへと、舌を這わせてくる。

カリ首の周りにも舌を這わせ、舐め回す。

やがて、おずおずと口に含み

唇で締め付けながら、ゆっくり上下に動かす。

しばらくペットの口唇奉仕に任せてから、

車を降り、施設内の東屋へと場所を変えた。


東屋の中で、あらためて俺の肉棒を咥えさせて

ペットの頭を押さえて、

口をマ○コ代わりに使ってやる。

くぐもった声を出しながらも、

しっかりと肉棒を咥え離さない。

ペットの口を犯すのを十分に楽しみ、

大量のザーメンを放精してやった。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

斑猫(はんみょう)

  • メールを送信する
<2009年09月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30