デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

ハワイを夢見るランパブ嬢(3)

2009年09月09日 01:44

駅までダッシュをしようと提案する彼女


もう帰ろうかな、と思いつつも彼女を引っ張っていく自分がいる。まだ間に合うから、なんて思ってもいない言葉をかける。


「携帯がない!」彼女が叫ぶ。


来た道を猛ダッシュ。さっきのバーに戻り無事に携帯を見つける。


電車はなくなってしまった。


流石に彼女も諦めた様子。がっくりとうな垂れる彼女に、コーヒーでも飲もうか、とファミレスに誘う。


暖かい飲み物を飲んだ彼女は落ち着いた様だ。


「今の彼は、国のために頑張って働いている」「軍人を引退したら優先的にハワイに住める」「いつかは一緒に住みたい」彼の話を始める。


出先の中東から送ってきたおみやげがちょうちんだった時は「日本の女の子はこんなもので喜ばない」って説教したらしい。



ああ、本当に彼の事が好きなのね。他の男とHな事しちゃ駄目だよ、なんて偽善台詞を吐く自分。


「だってしたいんだもん」


お酒のせいか、店の中が温かいせいか、赤みを帯びた顔で俯いて答える彼女。真性の淫乱だ。不覚にもその言葉に興奮してしまった。


まだチャンスはあるか?


いつの間にか朝の5時。

そろそろ、と店を出る。雨が降っていた。
駅に向かうため、駐車場ショートカットする二人。金網を子供の様に登って行く。最初に俺が降り、彼女を抱きかかえる様に降ろす。


降ろす時に不意に顔が近づく。彼女は目をつぶった。


キスをした。
すぐに舌を入れた。彼女は受け入れた。雨が降り注ぐのも気にせずそのままし続けた。むぐむぐと言葉にならない喘ぎ声を出す彼女


彼女の腰に手を回し、ぐいと自分の腰に引き寄せる。
自分の股間彼女の股に当たる。彼女もぐいぐいと押し付けてくる。


ここまで来れば・・・確信した。


「休憩して行かない?」
ストレートに誘ってみた。


そこには一手先が読めない自分がいた。


続く。


色々思い出してきた。後3話位続きます。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ゆっき

  • メールを送信する
<2009年09月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30