デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

17th Country Road Part 10

2009年09月07日 18:44

17th Country Road  Part  10

見上げれば星が満天にかかっている。
その星が反射しているかのように町の灯が広がる。
邪まな気持ちが無ければ
それはさぞかし美しい光景だったに違いないのだが。

うっかりなのか、わざとなのか
室内灯を点灯したまま行為に励む
男女の車が見える場所に車を停めた。
人妻があたりを見渡す。
「いやだあ、あの車、あんなことしてる。」
隣の車を見てそう言い
「こっちでもしてるよ。ベンチでしちゃってる。」
展望台の方角を望みながらそう言う。
その声は欲望の高まりからかすれ気味になっている。
事実、手を入れると
途中でぐっしょりと濡らして脱いだ後
また履いた下着にジュンと熱い液が滲みだしていた。

「べチョべチョじゃないか。」
「やだ、そんなこと言っちゃ。」
「言われるたびにたらたら垂れるんでしょ。」
「ばか。」
「じゃやめる?」
「いや。やめちゃいや。」
左手指のねっとりした感触を楽しみながら
今度はこちらがリクライニングさせて後ろに倒れこんだ。
「ああ」
と切なそうにため息をつきながらペニスつまみ出す。
ここに来る高速で、たっぷりと唾液を塗りこまれているから
すぐにばね仕掛けのように天をついて飛び出した。
すかさずぱくりとくわえ込むと
顔を左右に振りながら激しく吸いだした。
じゅるじゅる
ぬちゃぬちゃ
しゅぼしゅぼ
ちゅうちゅう
べちゃべちゃ
湿った卑猥この上ない変奏曲が
狭い車内に響いている。
「おいひい。おいひい。」
フェラチオを続けながら
ブラウスとブラを自らはずして
硬く突き出し乳首をむきだしにする。
「おいひい。おいひい。」
フェラチオを続けながら
手をスカートの下に突っ込み
自らの指を性器に這わしだす。
そして、
愛液が粘りついたその指を
ペニスの脇に添えて
フェラチオを続ける。
自分の愛液の味にさらにたかまって
吸う力がさらに強くなり
しゃぶる速度がさらに早まる。

フェラチオを受けながら
芋虫のようにもぞもぞと身体をゆすって
あおむけのままバックシートにせりあがった。
思い切ってこちらもルームランプをONにする。
まはや「いや」とは言わなかった。
こちらの腰とステアリングの間に
女が男にまたがるスペースが出来上がる。
何度かの恥行から
そうすればひときわ興奮すると察したらしく
わざとらしくパンティを脱ぎ去り
ダッシュボードにその濡れた小さな布を
ゆっくりと置いた。
こちらの顔に一瞬走った悦びを見て取ると
助手席から移動して
佇立にいきなりまたがり
ぐしょぬれの腰をそのまま落としてきた。
おまんこに。おまんこに。」
「いれて、太いの入れてえ。」
じゅぶると言う音とともに
濡れた女性器
濡れたペニスを呑み込んでいく。
「あああああ。いいよ。いいよ。」
「熱いのが。」
「太いのが。」
「硬いのが。」
おまんこに。」
根元まで呑みこむと
頭をルーフに押しつけながらの
いささか窮屈な姿勢で
腰をくねらし、前後に動かす。
「イク。イッチャウ。」
「ねえ。イっちゃうよおお。」
いきそうなのはこっちも同じだった。
歯を食いしばって射精をこらえるうちに
体が激しく震え、
性器がぎりぎりと収縮したかと思うと
がばと覆いかぶさってきて
「あああああああああ」
「いくううう」
「だめええええ」
そのまま大量の愛液を垂らしながら
果ててしまう。
こちらも射精寸前だった。
ようやく踏みとどまった。
喜悦の先送り。
淫らな時間が延びることになる。

しばらく時間が停止する。
やがて
まだ夢からさめやらずに
ぐったりとのしかかっている白い身体を
再び責め始める。
ニスをつっこんだまま
唾液を吸い込むようなキスをし
乳首を甘咬みし
乳房をねじり上げ
汗が浮かぶ胸の谷間に舌を這わす。
「いいの。いいのよおお。」が
我に返っての第一声だった。

ゆったりとしたテンポで腰を動かして
呑みこんだペニスを楽しみながら
窓の外を覗きこむと
「ああ。あっちもおまんこしてる。」
「ああ、すごい。女の人が上になってる。」
「よだれたらしてイキまくってるよお。」
「ああ、ときどきこっち見てる。」
「やだ。やらしい。」
シートバックが倒れているからこちらからは見えないのだが
上でまたがっている人妻には
おなじ姿勢の隣の女がよく見えるらしい。
触発されたのだろうか。
また、腰の動きが激しくなってきた。
見つめ
見つめられながら
倒錯の世界の入り口に立っているのだろう。
「見てる。見てる。」
「こっち見ながらおまんこしてるう。」
身体を動かしながら手を伸ばして
助手席パンティつまみが上げると
それを自らくわえた。
「見せちゃう。見せちゃう。」
「イクとこみせちゃう。」
憑かれたように繰り返すと
いっそう激しく愛液をあふれさせて
腰のグラインドを激しくさせる。
もう、こっちは見なかった。
隣の車での行為だけを見ている。
きっと隣の女の動きも同期しだしたのだろう。
「ああああああああ。」
「見せちゃうよおお。」
「ク・くる!」
まんこがあああ」
「あああああ」

反り返った肢体が硬直した。
こうしてまたひとり、
恥態を見せることに躊躇のない
牝獣が出来上がった…

(続く)

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

RYU

  • メールを送信する

RYUさんの最近のウラログ

<2009年09月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30