デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

白濁液・・・

2009年08月28日 00:08

白濁液・・・

上海日本人駐在員は、一度は日本人向けのKTV(カラオケ小姐にはまってしまう。
別のログでも書いたように、彼女たちには固定の給料がなく、日本人男性からもらうチップだけで生活しているから必死なのだ。
携帯の番号を教えでもしようものなら、毎日「我愛你」、「我想你」(要するに愛してるってこと)のメールが来る。

それで馬鹿な男は、「いやあ、俺もまだまだ結構いけるやんか!」とうぬぼれて、KTVに日参するはめになる。
日本の家庭では娘から相手にされないくせに、「明日会社休みでしょ。観光案内しましょうか?」なんて、若いきれいな子に言われて、心躍らない男は少ない。(俺ぐらいかな!)

休日にデートしたら当然、「この靴買ってもいいですか?」、食事をしたら、その後、同伴出勤、またお金を使うはめになる。
まあ、数年したら、殆どの人は、馬鹿馬鹿しくなって、熱が冷めるけどね!

ある日本人、某鳳陽路も、上海赴任当時、そういう状態にあった。
売れっ子彼女は、ほどなく彼の家に出入りするようになった。

前置きが長くなりすぎたけど、彼女の小妹妹(あそこのこと)が濡れる、濡れる・・・。
その彼女のものはあまりに興奮すると、白濁液になってくる。

男にとって、これは嬉しいんだけど、ク○ニと指ピ○ト○を延々させられるのは、どちらかというとSのはずの男にはかなり辛い・・・。
お預け状態だしね。

まあ、事実は小説より奇なりという事件も起こったり、彼女とはさんざん喧嘩もして終わったけど、最終的に彼女勝ち組になった。

なんでかって? その当時広島から出張してきていた日本人の2代目社長巨乳の魅力で妻子を捨てさせ(離婚させ)、自分は子連れ再婚したからね。
上海には、マンションも勝ってもらってたし!
そう言えば再婚後一回だけHしたことある。
(鳳陽路もちょっとだけ悪いヤツ・・・)
それにしても、さらにその上を行く彼女は、一番たくましい。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

鳳陽路

  • メールを送信する
<2009年08月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31