デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

成人映画館 8

2009年08月22日 13:53

「ようこちゃんは、体は小さいのに、オッパイは大きいねぇ、これもきっと オナニーするとき揉んだり
して、気持ちよくしてるから大きくなったのかな?」
私は「そ、そうです……いつもオナニーするときさわってます」と、身をくねらせながら言いました。

男は私の顔の前に、テラテラと唾液でヌメらせた口を近づけ、いきなり私の唇を奪い、舌を奥へと差し入れてきました。私はどうすることもできず、それを受け入れ、自分の愛液と男の唾液の入り混じった匂いに、吐き気をもよおしながらも、その淫らな行為に身をまかせていました。男は、唇から唾液の糸をひきながら私から離れ、
「ようこちゃんばっかり気持ちよくなってないで、今度はおじさんも気持ちよくして欲しいな」
そう言うと、開いているファスナーの間からゴソゴソと自分の一物を取り出して、私にみせびらかしました。 

男のそれは、赤黒く、半分勃起したような有り様で、浮き出た血管がなんともグロテスク
でした。

「ほぅら、よくみてごらん、ようこちゃん。おじさんのオチ○チンみたかったでしょ、さっ、にぎって手で動かしてごらん」
男は言って、私の手をとり一物を握らせると、手首をもって前後に動かしてみせました。脈打つ
男のそれは、私の手の動きとともに次第に硬直してきて、ヤケドしそうな熱さとなりみごとに反り
かえってきました。私がその様子を食い入るように見つめていると、男は言いました。

「ようこちゃん、男のオチ○チンしゃぶったことある?どう、おじさんのオチンチンしゃぶってみたい?」
私は不意に我にかえり、首を横にふってみせました。すると男は、
「だいじょうぶ、おじさんが教えてあげるよ。さっ、握ったまましゃがんでごらん」
そう言い、私の肩を押して無理やりそこにしゃがませました。

私の目の前に、男のモノは突き刺さりそうに反り返り、先端からにじみ出る透明な液体は、あた
りにイヤラシイ異臭を放っていました。見ず知らずの男の、汚らしい性器を、これから口で慰めな
ければいけないという破廉恥な行為に、私は顔をそむけながらも、ある種の興奮をおぼえていま
した。

男は、私の頭の後ろを片手で押さえると、
「さっ、大きな口をあけて、おじさんのオチンチンを口に含んでごらん」
と、押さえる手に力を入れ、私の顔を一物へと近づけさせました。

私は、むせ返るようなその匂いに顔をしかめ、口をかたく結んで受け入れるのを拒否していました
が、次第に、そのいやらしい匂いが私の好奇心を沸きたたせて、おそるおそる、ゆっくりと口を開いていきました。男の一物が唇に触れ、押し広げるように口の中へと入ってきました。男のそれは以外に大きく、小さな私の口ではおさまりきらないほどで、とたんに、息苦しくなって、咳き込んでしまいました。男の顔を見上げると、ギラギラとした目で、私の行為をニヤついた顔で見下ろしていました。私はまた、ゆっくりと男の一物を口に含んいくと、自らの意思で頭を前後に動かしてみせて、その破廉恥な行為に鼻息を荒くして興奮していました。男もすぐに鼻息を荒げ、腰を突き出して私の口に吸い込まれていく自分の一物の様子を眺めていました。

「あぁ……いいよ、どう、ようこちゃん、はじめて味わう男のオチンチンの味は? どんな味がする?」
男はわざといやらしい質問をしてみせ、私はそれに答えるように、
「おいしいです……とっても、いやらしい味がします」と、言えば、
「それじゃあ、おじさんがいいって言うまで、ずっとしゃぶっててごらん」
と、男は私の頭から手を離しながら言いました。

「こういうことしてみたかったの?」という男の問いかけに、
「はい」と言ってみせ、それを聞いた男は満足げに、私が一物をもてあましぎみにしゃぶる姿を、
勝ち誇ったかのような態度で眺めていました。

私はうっとりとした顔を浮かべながら、男の一物を無心でしゃぶりつづけました。ときおり、慣れない舌使いで、先端の膨らんだ部分を転がすようにすると、男はそれに反応して、体を震わせて
快感をあらわしました。口の中は唾液でいっぱいになり、飲み込むことをためらった私は、口の端
からすこしづつ、トイレの床へと垂らしました。私は、ポルノ映画館の汚らしい女子トイレの一室で、下半身丸出しで、見知らぬ男の一物を、一心不乱に舐めつづける自分に、“私は本当はこん
なことがしたくてここへ来たんだわ”とあらためて思い、熱くぬれそぼった秘部に指を伸ばしました。
男は不意に私の頭をつかむと、私の口から勃起しきった一物を抜き取りました。

このウラログへのコメント

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

華

  • メールを送信する

華さんの最近のウラログ

<2009年08月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31