デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

続き

2009年08月18日 16:19

由美の胸は期待に高鳴った。期待に応えるように、指がスカートの中に伸びてきた。由美はビクッと反応したが、平静を繕った。スカートが捲りあげられ顔が真っ赤になるほど恥ずかしかったが、それよりも期待のほうが大きかった。「早く」と心の奥底で叫んでいた。指がお尻に沿ってなで上げられると、由美は危うく声を出しそうになったが、歯を食いしばって我慢した。しかし、体の反応は誤魔化すことができず、あそこおしっこを漏らしたように濡れてきた。お尻から下りてきた手がオマンコのところにきたときには、心とは反対に体中を支配していた。
「もっとして」
由美は蚊の鳴き声ほどの声で呟いた。
 そのとき、電車は由美の降りる駅に着いた。人に押し出されるようにホームに出たとき、もう高校生の姿はなかった。
 その日は1日朝の電車のことが頭に甦り、どうやって家に帰ったかもわからないほどであった。家で健一を見たとき、朝の高校生健一と重なって見えた。
 その後、3ヶ月毎日のようにその快楽を楽しんだ。ほんの10分ほどであるが、由美には天がくれた贈り物のように思えた。・・・・続く

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ゆうじ

  • メールを送信する

ゆうじさんの最近のウラログ

<2009年08月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31