デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

禁断のオナニー

2009年08月15日 00:57

頭の中にH菌が侵入
右脳がやられ左脳にまで侵入
あ~何でもHに見えてしまうぞ~
なはっ服を着ててもスケスケだ~脳内異常

風が吹いても立ってしまう~

なんて訳のわからないこと考えながら…最近の思考がHにばかり走ってしまう

セックスがしたくてたまらないな~

もう半年以上もセックスをしてないからだろうか…

と浮かない毎日を過ごしていた

久し振りに○○みちゃんに電話がしたくなる

彼女は優しくて真面目
笑顔がとてもかわいい

仕種がとても優雅で
ついつい見とれてしまう

年上なのに
僕よりずっと若々しい

僕に遠慮したり
丁寧な話し方をする
ここは少し寂しいところかも…

とは言うものの非の打ち所はない素敵な女性の中の女性

一目惚れにさせてしまい僕を虜にしてしまった人なのだ…

彼女の事を考えない日は一度もない…

声が聞きたいな………
 ………………
  ………………
   …………………


トウルルルルー トウルルルルー ポッ

「モシモシ~」

「アッモシモシ~今いいですか~久しぶりです 元気にしてますか」

「ええ~ボチボチ」

とぎこちなく会話が始まり僕は緊張しながら平静を装った

会話は・・続く・・

彼女の声が耳に心地良い
鼓膜をくすぐる

彼女の事を考えるだけで
ムクムク勃起してしまう

彼女の声は堪らなく僕の脳髄を刺激する

 まして生声

はち切れんばかりにカチコチになる

触らずにいられない
堪らなくなってギュッと握った

亀先は既にべっとりしている

「……え~っと……」

考えにならない
声にならない
  頭の中は勝手に妄想の嵐

「…………え~………」

鼻息が荒く出てしまう

○○みちゃんの悩ましい姿態が
脳裏に浮かんで 妄想が暴走する

さんさんと太陽の降り注ぐソファーの上
素っ裸で横たわり大きく足を拡げて右手でアソコをいじっている

グチュグチュ

蜜が溢れだし腰が悩ましく揺れ
半開きのまぶた 口

声を押し殺し左手乳房をまさぐる 乳首つまみ なまめかしくいやらしく

バイブを口に出し入れ
オ○ンコにあて快楽を貪っている餓えたオ○ンコにオアシスを求め
想像以上の厭らしいオ○ンコ
ヒクヒクビチヤビチヤ
ブィーンブィーン

禁断オナニーに夢中


グィ~ンと反応する
亀先をニギニギ軽くシコシコ
亀先から付け根に大きくシコシコ
手は激しく欲棒を上下する
まさぐる

身体中の血流が股間に集中し
欲棒は反り返り血管が浮き上がる怒り狂う

亀先に欲望が集まり
自制が難しくなった

 本能に操り始められた…

思わず激しいオナニーに没頭してしまう

快楽が自制を奪う

 「……ウッ……」
と声を出してしまった… 

すると

「……………アッ……」

声にならないせつない声が受話器の向こうから聞こえる

「…えっ」
「…どう・した・の?」

「…………」

「…大丈夫?………」

「・・・・」

「…何…してるの…?」

「…あっ……ごめんなさい…」

「…………………」

「うっ………………」

アソコアソコが…ジンジンしちゃう」

次第にハァーハァー吐息が荒くなり

「…アッ~アッ…ハァー…ハァー…」

受話器の向こうで必死に声を殺し
彼女も指がいけないところをまさぐり
妄想に侵され…て・い・る?


彼女
「○○みアソコ握って」

それに応えて
「私のアソコも触って」

お互いに触りあい



さらに言葉で攻めた
「チ○ポ口にくわえて」

次第に激しさを増し
「オ○コ見て 舌で舐めて」

69で攻めぎあい



「き○○の硬くなってる」

「○○みのビチョビチョだよ」

エッチな言葉で気持ちを高めあう



「嫌らしいことして」
「指を入れて」
「グチョグチョに掻き回して」
「口におち○ち○頂戴」
「オチ○チ○オマ○コに頂戴」
「硬く大きくなったの頂戴」
「き○○のオチ○チ○頂戴」
「後ろから突いて突いて」
「あ~っいい~」
「硬くて気持ちいい~~っ」
「私が上で腰を振るね」
「あ~っ良い良いよ~」
「もっと激しく突いて」
「出して精子を」
「一杯かけて」
「いっちゃうよ~」
「いって~一杯いって~」

淫乱な声でよがる姿を想像して
チン○はギンギンに赤く腫れ上がり激しく右手が上下にスライドする

絶頂が一気に駆け上がり
体の総ての気が欲棒に集まる

どっと波が押し寄せ
快楽が一気に放出された

ドピュッ

激しく精子が飛び散る
肉棒がヒクヒク跳ね上がり
絶頂に…
激しく息が上がる

ハァーハァーハァーハァー

…………………
 …………………
  …………………

゙…モヤモヤ…モヤモヤ……

…………股間が張り詰めている
手でアソコを触るとギンギンに膨れ上がっている…モゾモソ

凄いまだ立っている?
もう一回

……ふと目が覚めた…

夢か……激しい夢だった…


夢を思いだし
激しくオナニーに耽った

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ガル

  • メールを送信する

ガルさんの最近のウラログ

<2009年08月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31