デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

成人映画館 3

2009年08月14日 14:31

場内から外へ出た私は、先ほど見た男性の行為の興奮さめやらぬまま小走りで女子トイレ
と向かいました。トイレに入ると「ふーっ」とため息をつき、初めて入るポルノ映画館女子トイレ
の中の様子を眺めました。チョット汚い感じでしたが、とりあえず一番奥の個室を選び中へ入る
と、我慢していた用を足しました。備え付けのトイレットペーパーで尿の処理をして、そのまま指
を局部へとすべらせました。

「あぁっ」と思わず吐息をもらし、指をワレメにはわせるとヌルヌルと指
にまとわりつく液であふれていました。場内での男性の性器を思い出しながら、私はしばらく自分
で局部をもてあそびました。映画のシーンのいやらしい声がトイレの中まで聞こえてきていることに
気が付き、私はそれを聞きながらさらに指を激しく動かしました。私は立ち上がるとスカートをまく
り上げ、目をつぶって男性のマスターベーションのシーンを回想して、いつも家でしているように腰
を前後に動かしながら、局部への指の出し入れをして快感を味わいました。

20分ほどが過ぎ、さすがに疲れた私は、トイレットペーパーで局部と指をぬぐうと、パンティをあげ
身支度を整えました。とりあえず化粧直しに洗面所へ向かおうと個室のドアを開けようとすると、
何かにひっかかっているようにうまく開きませんでした。どうしたんだろうと錠を何回か動かしていると
、今度は急にドアが引っ張られるように開けられました。そしてそこに男が立っていました。男は場
内で私を見ていた男でした。ニヤニヤと笑みを浮かべて私をなめるように見るその男は、50代半
ばといったところで、長身眼鏡、頭頂部まで禿げ上がった髪をポマードで固め、煙草の匂いのし
み付いたヨレヨレのジャケットを着た、汚らしい感じのする人物でした。

「何してたの?」
男は小声で聞いてきました。
「えっ?」
私は何のことを聞いているのか、すぐにはわかりませんでした。
オシッコにしては長いね」
「……」
私が答えずにいると
オナニーしてたでしょ」
私はとっさに先ほどの質問の意味がわかり首を横にふりました。
「本当?おじさんトイレの下の隙間からずっと見てたんだよ」
血の気がひき、顔がかぁーっと熱くなるのがわかりました。
男はさらに言葉を続けました。

「さっきも映画みてるふりして、前の男のセンズリ覗いてたよね、それで興奮してトイレオナニー
にきたのかな」
すべてを察しられていることを知り、私は萎縮して思わずあとずさりをしてしまいました。すると男は
私を奥へ追いやるように顔を近づけながら、個室の中へ入ってきました。男は個室の錠をかけ、ド
アを背にして立ちふさがりました。
「なんなんですか」
私は抵抗の意味もこめて男の目をにらんで言いました。

「よく来るの?」
男は逆に聞いてきました。
「……いいえ、……はじめてですけど……」
私が答えると、男はまたニヤニヤしながら
「女の人があんまり一人でくるような所じゃないよね、今日はどうして ここへ、ポルノ映画館へ来
てみようと思ったの?」
男の真相をつく質問に私は小声で答えました。

「べつに……映画が観たかったから……」
男は嘘ををついている私をニヤーッと笑いながら見
「女の人がポルノ映画なんかみてると痴漢にあうよ。そんなに足のでてるスカートなんかはいて……。
痴漢されたくてきたの?」
そう言うと、私の体を下から上へ舐めるように見て、またニヤーッと笑みを浮かべました。

このウラログへのコメント

  • 相沢一郎 2009年08月14日 15:29

    初コメです、宜しく
    ログこれからも楽しみです、近ければ速攻アプローチメールですが、ちと遠いいかな。

  • LEON 2009年08月14日 16:05

    私の体を下から上へ舐めるように見て、ニヤーッと笑みってリアルでぞーっとするような恐怖体験ですね!

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

華

  • メールを送信する

華さんの最近のウラログ

<2009年08月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31