デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

女性の開発について

2009年08月14日 08:55

サラブレッドはいくらいい血統、素質をもっていても名伯楽に育てられない限り才能は開花しないものだ。
ちょっとした運命の悪戯によっても埋もれてしまうことはよくあることなのだ。

同じようなことが女性にもあてはまる、美しく類まれな名器を併せ持つはずだった女性が、開発されなかったために本人も気づかずそのまま忘れ去られてしまうことだ。

開発できる男性はもっと多いはずだと思っていたが、実際はごく僅かしかいないようだ。

女性開発できる男性に抱かれるだけでいい、毎回3時間ほどの挿入されて責められて何度も逝く、これを10回ほど続ければほぼ開発される。

「あれから、すっごく欲情するようになったの」
「すぐに抱いてくれないと発狂しそう」

このときによく薬物を使ったなどと疑われたりするものだ。

逝き過ぎて頭がおかしくなる
とよく言われることがある、支離滅裂なことを言い出したりするので戸惑ってしまうが、逝き過ぎが原因かどうかはわからない。

いくら綺麗でも、プロポーションがよくても抱いてみたら何も印象に残らないということがよくある。

挿入して2,30分も責めれば女性は何度かは逝く。
だがそのまま弛緩して緩んでしまえば責める側に虚しさが残るはずだ。

長い時間をかけて開発していけばいいと思うのだが、中々難しいものだ。

開発することを封印して結婚を考えたことがある。
その相手は逝くことを覚えて喜んでいたのだが、体が持たないと言っていなくなってしまった。

このウラログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

toshi

  • メールを送信する
<2009年08月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31