デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

「恋は雨上がりのように」レビュー☆

2018年05月16日 22:58

「恋は雨上がりのように」レビュー☆

小松菜奈主演他。その人は、どしゃぶりの心に傘をくれた。夢を失った17歳、夢を忘れた45歳。ふたり、人生の雨宿り中―。高校2年生の橘あきら(小松菜奈)はアキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正巳(大泉洋)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。バツイチ子持ちでずっと年上近藤に密かな恋心を抱いて・・・。あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意を持たれているとは思いもしない近藤。しかし、近藤への想いを抑えきれなくなったあきらはついに近藤に告白する。近藤は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず―。真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。繊細な片想いに全世代が激しく共感!“恋雨”待望の実写映画化。

6/10点!!原作読んでます。漫画なのですが、静かに響く感じが小説的で好きなのです。でも、映画となるとそのままが良いとは言えなくて、永井監督の水彩が曖昧なまま、ラストまでダラダラいく感じは案の定で、眠くなっちゃうと思います。もう少し盛り上げて欲しかったです。脇役数名が風景過ぎ(>_<)小松菜奈ちゃんのあきらと大泉さんの店長はハマり役で、この二人の頑張りで成立している作品でした。あきらを若いのに大人っぽい小松菜奈ちゃんが演じることで、17歳の無防備な色気ある肢体とはち切れそうな健康美が溢れんばかりで、原作より年の差恋愛リアルでした。あんな子に好きだとグイグイこられたら、フラッといってしまうのがリアルによく分かる(笑)大泉さんは格好良い大人だけど安パイで、主役を演じられる貴重な俳優さんで、店長の可笑しみを見事に原作以上に仕上げていました。あきらの押入れ事件とか、可笑しいエピソードがたくさんあるのにカットされていて、もっと笑いとスピード感をあげても良かったと思いました。時系列を崩したり、先手で動くキャラを崩したりしてるのも、ゆっくりと関係性が進んでる感じがなくなっていて、残念でした。バイト先の恋愛あるあるとか、ドキドキ&キュンキュンする感じは最高で、小松菜奈ちゃんがとにかく可愛いです!彼女は毎映画、可愛いを更新しているし、艶も出てきて、表情ひとつにヤラれるので、成長を見守っていきたい女優さんです(*^¬^*)ラストのあきらの表情こそ恋の醍醐味!(*>∇<*) 高い青空と陸上のトラック、海と疾走感溢れる主題歌フロントメモリー」が爽やかで、初夏の青春を詰め込んだような甘酸っぱいノスタルジックな作品です(*^^*) 2018年公開。

このデジログへのコメント

  • はらぺこ 2018年05月16日 23:38

    そうか~(*´-`)
    ちょっとだけ、、趣向が変われば、、
    10点に近づきそうですね(*^^*)

  • ユリ 2018年05月17日 02:00

    > はらぺこさん
    この監督苦手なので、違う監督だったらよかったと思います。でもけっこう笑いが起きていたので、他の方は楽しめたみたいです。でも男子高生が「何度もみても意味わかんねー」って言ってましたw

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ユリ

  • メールを送信する
<2018年05月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31