デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

ラップはやめろ

2018年02月20日 08:09

イギリス人の夫に聞いてみたら

「当たり前だ。ラップが身体に毒なのは誰でも知ってるだろ」

とのこと。


欧米では周知になりつつある食品ラップの害
Clingfilm
イギリス食品ラップがないわけではありません。
でも普通の家庭でも日本ほど使わないしテレビシェフが使ったりレシピに載ったりはしません。

最初はイギリス人ケチなだけかと思っていましたが(笑)
特別オーガニック健康食品を扱うわけではない普通のスーパーでも(普通のスーパーでもオーガニック商品はかならず置いていますが)

Non PVCと表示されてあるポリ塩化ビニルを使用していない食品ラップが買えたり
プラスティックの水筒や容器でもBPAフリー(ビスフェノールAを使用しない)
と表示された製品を目にします。

Recent Studies State Chemical In Plastic Liquid Containers Contain Tox
アメリカヨーロッパでも同じようですが
欧米では食品ラップの環境と身体に与える害は
周知の事実になりつつあるようです。


メディアも大きく取り上げるプラスティック製品の害
plastic-bottles-115082_960_720
イギリスで発行部数の多い大衆紙デイリーメイル紙や
ガーディアン紙でも食品ラップの害に関する記事が掲載されています。


old-newspaper-350376_640
ガーディアン紙の記事によると
ニューヨーク大学の小児医学関係の出版物で
6歳から9歳の3000人の子供の尿を調べて
尿の中にプラスティックに含まれる化学物質が検出された
子供の血圧は検出されなかった子供に比べて高かった
という研究結果が発表されました。

その研究発表によると子供たちの血圧は現在の時点で問題になるような値ではないが
将来はもっと大きな問題になるであろうという懸念が示されています。


プラスティック製品に大変よく使用されるDEHP またはDOPと呼ばれる
フタル酸エステルという物質動脈の壁にダメージを与えて
長期的には心臓細胞にまで害を及ぼすのだそうです。


heart-497674_640
またフタル酸エステルは上記のBPAと並んで
環境ホルモンのひとつと見なされています。


この環境ホルモンの増加のせいで
女の子成熟が早まったり男の子精子数が減少したり
すると指摘されています。

それでけではなくWHOの報告によると
これらのプラスティック製品などに含まれる化学物質
糖尿病、ADHD、アレルギーアトピーの原因にも深い関わりがあると指摘されています。

、、、とこれだけのことを説明した記事が
健康専門雑誌ではない新聞に載せられているわけですから
国民の意識も高くなるわけですね。


あまりに低い日本人の意識
日本では危険性が高いと海外でわかっているものでも、なかなか規制されにくい現状にある
このように特に環境問題食の安全に関する意識の高い
ヨーロッパイギリスでは早くからこの問題が取り上げらていて
子供のおもちゃなどに使用するこれらの有害物質は、すでに禁止されている国も多いし他の製品に使うものの規制も日本よりずっと進んでいます。


baby-933559_640
消費者ウォッチャー環境問題に関する市民活動も盛んなイギリスですから
こういった有害食品ラップの使用をテレビメディアで流し、潜在的に消費者にその使用を勧めることは公共の害になるという認識なのだと思います。


それに比べて日本では
まだまだメディア側の問題意識が低いのか、それとも食品ラップの目に余る頻出度はメーカー意図的な露出か?と勘ぐりたくなるくらいです。



プラスティック味のおにぎりの衝撃
海外ではできる限り使わないように気をつけるのが当たり前な、「ラップ」を熱々のおにぎりに使用する日本。

ある時日本人家庭の子供のパーティーに呼ばれて
食べ物を用意するのをキッチンで手伝っていたところ
おにぎりを作るのを手伝って」と頼まれて食品ラップを渡されたので意味が分からずにいたら

そのお母さんが当然のようにラップを手の平に乗せて
そのラップの上に熱々のごはんを乗せてから
おにぎりを握り始めたので仰天しました。

衛生面と手がベタベタしなくてすむという理由で
それが今では一般的だということを後から知らされてさらに驚きましたが
イギリス時代から食品ラップはできるだけ使わないように心がけていた私には衝撃だったのです。

しかも熱々のごはんをラップでぎゅうぎゅう握れば
有害物質を熱で溶かしてごはんに押し付けているようなもの!

できあがったおにぎりを恐々食べてみると
見事にプラスティックの味がし
しかも外側の米粒がべっちゃりと押しつぶされているのでおにぎりとしてもまったく美味しくありません。


おにぎり
長時間保存して商品にするおにぎりでもないのに
お母さんたちがよく手を洗ってすぐに食べるものであれば衛生面だって心配はないのにと納得できませんでした。



我が家で心がけるプラスティック製品の代用
とは言え食品ラップをはじめとするプラスティック製品
軽くて扱いやすい上に安価なのでついつい便利に使いたくなります。


けれどもプラスティック製品の大量消費は健康への害、
環境ホルモンへの害もさることながら
ゴミ問題へも深刻な影響を及ぼしています。

我が家では環境のため、健康のために
極力プラスティック製品を使わないようにという工夫を
常に心がけています。

食品を保存する容器はできる限りガラスやホーローの容器です。
プラスティック製品よりも高くつくこともありますが
大事に使えば長く使えるものばかりですから使い捨て感覚のプラステイック製品より節約になります。

glass
特に油ものの食品プラスティック容器に入れると
その油に有害物質が溶け出しやすいのだそうです。
やむをえずプラスティックを使う時は油を含まないものや乾物などです。

ジャムやソースのガラス瓶は洗って再利用します。

ペットボトルの飲み物を買って使わなくて済むように
ステンレス製のボトルを家族でそれぞれ持っています。


IMG_0110
ペットボトルに詰められている飲み物で
特に気温の高い場所に保存されたものには
有害物質が溶け出している量が多くなります。

電子レンジはできるだけ使わないのが一番ですが
使う時にはかならず陶器かガラス製品食品を入れて蓋も陶器かガラスを使います。


電子レンジで油物の食品にラップをかけて
あるいはプラスティックに乗せてチンというのは最悪のコンビネーションです!

大変そうに聞こえるかも知れませんが
慣れればそんなに大変なことではありません。
あえて言えば食品容器が重くなるので
冷蔵庫の棚が壊れることがあるのが難点ですが(笑)
修理して使えば大丈夫

それでもせっかくの美味しい食べ物
有害物質が溶け込んで身体に入ってくることの方が
私にはずっと重大な問題です。

このデジログへのコメント

  • ☆mina☆ 2018年02月20日 08:27

    ラップもだし、コンビニ弁当の容器!
    あれが、じゃんじゃん、溶け出すんだよね。
    それを子どもに食べさせる親が多すぎる!
    しかも毎日。
    まともな子どもが育つわけない、、、

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ぱすかる

  • メールを送信する

ぱすかるさんの最近のデジログ

<2018年02月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28