デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

『コウノドリ』を観る 9

2017年12月09日 03:54

『コウノドリ』を観る 9

不育症検査を受ける
流産を繰り返す妊婦
不安な彼女を支える
術はあるのだろうか

一方四宮は闘病中の
父に代わり執刀する



流産された女性は身近に知るが、“不育症”って言葉は初めて知る。

劇中では不育症とは特定できず、不安な気持ちをどうするかという話になる。



子供が欲しいが、子供ができない。



当事者となると切実な問題だが、

「自分(と配偶者)の遺伝子を残す」

って強い意思は、日本人ならではなのだろうか?



私の父方の叔父は、アメリカ牧場をやっていた。私が子供の頃、家族で来日された時に、1度会っている。

この叔父家族、日本人は叔父だけ。
奥さんとお子さん2人はアメリカ人だ。

小さなお子さん、1男1女の2人は、日本の家は何故、馬が居ないのか、不思議がっていた(笑)

この、私の従姉弟にあたる2人は、何れも養子。叔父家族4人は、全員誰とも血の繋がりはない。

アメリカでは珍しくはない家族形態

いざ子供ができた時は、結婚していなくても、2人の親で育てるのもアメリカ流のようだ。



アメリカは[子供を育てる、育てたい]が、まず始めにくる。

勿論、アメリカ人流産を悲しまないって云いたい訳じゃない。

日本人流産の悲しみを否定するものでもない。

日本人流産の悲しみ、不安には、血脈に拘りを持つことを踏まえて考えなければと、改めて思った。



ただ、流産にハッキリと原因が分かる症例もあるそうで、珍しい症例を聞いたことがある。

先輩のデザイナーの話でね、彼のトコは4人の子宝に恵まれたご家庭だが、末のお子さんが小学校にあがってから、とんでもないことが分かる。

何がとんでもないって、先輩自身、その話をしてくれた時は興奮して捲し立てたので詳細は不明だが、何でも先輩と奥様血液の成文か何かが合わなくて、本来は子供ができない組合せだったと判明。

「4人も出来てから、云うなっての」

「確かに(苦笑)」

聞かされた私としては、そーとしか答えよーがない (^_^ゞ



ただ、医学的には子作り無理でも、現実では子沢山の家庭がある。



生命”って、つくづく不思議だなと思ってしまう。










このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ウルトラ7

  • メールを送信する

ウルトラ7さんの最近のデジログ

<2017年12月>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31