デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

31才で天才になった男

2016年10月03日 00:14

サヴァン共感覚の謎に迫る、奇想天外の実話。家具店で働くジェイソンは、マッチョで遊び好きな31歳。バーで友人と飲んだ帰りに強盗に暴行され、ひどい脳損傷を負う。気づいたとき、彼にはすべてのものが、幾何学的な図形として見えるようになっていた。
混乱し、ネットで情報を調べ、目に映るものを夢中で描き始めるが、誰も理解してくれない。

享楽的だった性格も内省的になり、事件によるPTSDも影響して、4年ものひきこもり生活に入る。孤独の中で彼は幾何学円周率に魅せられ、「自分が共感覚サヴァン症候群になったのではないか」と考えるようになる。これが物理学者脳科学者、共感覚者たちと謎を探る彼の旅の始まりとなった。

現在の彼は、幾何学的な独自のアートを発表するようになり、数理学を学んでいる。
共感覚者には「数字が色に見える」「音に味を感じる」など、さまざまなケースがあるが、「流水の構造が、特有の幾何学的な図形と周波数で振動しているかのように見える」という彼の例は特殊なもの。

サヴァン症候群共感覚とは生まれながらのものとされているが、彼は後天性である。事故によって共感覚者、サヴァン症候群になった稀有な例として注目を集めている。

暴行による脳損傷が原因で、ある日突然「天才」になる・・・・驚くべき実話。


映画「レインマン」で有名になったサヴァン症候群を発症するわけだが、


具体的には、円周率のような何万桁の数字を記憶したり、

ひとつの言語を1週間程度で習得してしまうような、超越した能力を発揮する。

一方で、物事や会話をの「全体象」を理解するのが不得意で、
それは、特に人とのコミュニケーションにおいて障害をきたすことが多いのが特徴。

先天的発症が多い中、こういった後天的要因で発症する例は少なくて、
人間の脳、能力の深遠を見てるようで、非情に興味深い。

サヴァン症候群と同じく人間離れした驚異的能力を発揮するのに、もうひとつ「共感覚」がある。
文字や曜日に色がついて見える、形に味を感じる、数字が空間に並んで見える、
聞こえた音に色が付いて聞こえる、数に色が見える、時間単位に色が見える、
人の性格・姿に色が見える、単語の味がわかる、味に形を感じる・・・・などじつに様々だが、
普通の人間では持ち得ない感覚。

生起確率は2000人に1人とかいわれてますが、性別的には圧倒的に女性に多い。
職業的には、芸術家詩人小説家には、それ以外の人より共感覚者が約7倍多いともいわれている。

古来、神や霊魂と直接に接触・交流し、託宣、予言、病気治しなどを行う宗教職能者をシャーマン
シャーマンを中心とした信仰シャーマニズムというが、
その特異な能力でもって、原始人類の集団のリーダーを女性が担っていたのは事実だし、
ベートーベンモーツァルトを引き合いに出すまでもなく、

歴史に名を刻む芸術家のあの飛びぬけた才覚は、こういった「共感覚」のようなものでしか説明がつかない。

普通の人間では見えない、感じることができない「何か」が、見える、感じるんだろう。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

圭太

  • メールを送信する
<2016年10月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31