デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

「永い言い訳」レビュー☆

2016年09月29日 23:28

「永い言い訳」レビュー☆

本木雅弘主演他。妻が死んだ。これっぽっちも泣けなかった。そこから愛しはじめた。人気作家の津村啓(きぬがささちお)(本木雅弘)は、妻(深津絵里)が旅先で不慮の事故に遭い親友堀内敬子)とともに亡くなったと知らせを受けるが、妻の死に涙を流すこともない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一(竹原ピストル)とその子供に出会う。ふとした思いつきからその兄妹の世話を買って出た幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝きだすのだが・・・。ひとを愛することの「すばらしさと歯がゆさ」を描ききった。観る者すべての感情をかきみだす、かつてないラブストーリー

6/10点!!原作は手元にあるのでこれから読みます。思っていた感じと微妙に方向性が違いました。いつものグサッて刺される感じがなくて、企画・協力に是枝さんの名前がありましたが、全体が是枝さんっぽかったです。小物の配置ややちょっとした視線の細部まで意味を持たせていたところは、西川さんっぽかったです。本木さんの得体の知れない虚像感と何を言ってもフワフワ掴みどころがない嘘な感じの中にたまに鋭く本音がこぼれるのが、幸夫という人間にぴったりでした。西川さんがあて書きしたのかと思うくらい。誰も愛さないし、愛されようとも思っていない一人の男性が、自分とは正反対の真っ直ぐで無垢な愛で溢れた家族に関わることで、愛し愛される喜びを知っていく物語でした。自分だって愛してなかったくせに、自分だけ傷つけられたみたいに思う、男って狡い。夏子やゆきのエピソードは殆ど出てこないのですが、ところかしこに二人が彼らを愛した印が残されていて、亡くなって離ればなれになっても愛は続いていくのだなと感じました。同時に、続いていくのに、双方、溢れる愛情を届けることが出来ないはがゆさと切なさも陽一と真平からギューって伝わってきました。恋人みたいに「愛して」はいないけれど、すでに自分の一部になっている伴侶を失うということを幸夫が大宮家を通してやっと気付くことが出来て良かったです。それでも、夏子からしたら、身勝手だし遅過ぎるのかも知れないですけど。今回の黒木華は可愛いverで、蒼井優みたいな危険な女の香りを放っていました。演じる巧さを隠さなくなってきたなと思いました(笑) 2016年公開。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ユリ

  • メールを送信する
<2016年09月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30