デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

《痴漢》と《冤罪》

2016年09月29日 06:09

《痴漢》と《冤罪》

おはよう\(^∇^)/
好きなのはサスペンス
『SCORPION』を観る
ペイジ息子天才ラルク
学校前でCIAが逮捕!
高いIQを理解されず
かけられたスパイ容疑


冤罪だぁー(;>_<;)


日本だと、起訴された時の有罪率、99.9%! そんなタイトルのテレビドラマもあった。


ドラマでは、0.1%の逆転劇を描いていたが、現実的には、あり得ない。


そこで気になるのが、痴漢冤罪


痴漢自体は、身の毛がよだつ蛮行。
懲らしめるべき、無くすべき犯罪。


だけど、痴漢として連行されたら最後、ほぼ100%の確率で有罪確定となると、ソレはソレで問題なのでは?


私は、性犯罪厳罰化》には賛成。
且つ、《親告罪》であるべきだと思っている。


ソノ上で、次の事例には言葉がない。
















某日夜、エーサンはお酒に酔っていた。


エーサン、有名大学卒。エリート街道を邁進していたが、予てより念願の福祉関係に転身が叶い、今日は祝いの宴の帰り。


ソノ帰路の地下鉄の駅、エーサンは若い男性と、些細なことで云い争いに。駅員が駆け付けてくる。


ソノ時、若い男性の連れのビー子サンが痴漢被害を訴える。エーサンは、痴漢容疑者として交番に連行された。


ビー子サンは交番で、痴漢にあったのは事実だが、エーサンとは服装が違うと証言。だが、既にソノ時には、交番から署の方に、エーサンを痴漢容疑者として連絡がなされた後だった。


エーサンは署に連行され、明け方まで過酷な取り調べを受けた。そして、釈放された直後に、地下鉄のホームに転落して死亡する。


警察は、痴漢の悔恨の自殺と判断。
被疑者死亡で、エーサンを痴漢犯人として送検した。


エーサンの遺品を整理していたエーサンの母親は、エーサンが録音していた取り調べの内容を聞く。


エーサンは終始、無罪主張していた。


エーサンの言は一切聞き入れられず、取調官の一方的な決めつけによる調書への署名を、暴言を以て強要されていた。


エーサンの母親は独自に動きまわり、被害女性の、痴漢はエーサンとは服装が違う、という証言も知るにつけ、エーサンの母親は、エーサンの痴漢冤罪を晴らすべく、裁判に訴えた。


裁判では、争点を明確にするため、事前に審理する内容を整理する。


原告被告、双方が争う必要がない自明の理は、遡上に上げないのだ。


今回(痴漢とエーサンとは服装が違う)という証言、エーサンの録音した音声、その他、警察主張と違う証拠は、「争う必要なし」として事前に整理され、裁判官は取り上げなかった。


裁判で、エーサンは痴漢として認定された。


裁判所検察は、共に国側の機関。


裁判官は、同じ公務員である検察警察の云い分を鵜呑みにする傾向がある。







エーサンの母親控訴はしているが、この牙城を崩すのは、至難の業だ。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

ウルトラ7

  • メールを送信する

ウルトラ7さんの最近のデジログ

<2016年09月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30