デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

「コロニア」レビュー☆

2016年09月27日 21:56

「コロニア」レビュー☆

エマ・ワトソン主演他。必ず、私が、救い出す。フライトチリを訪れたドイツキャビンアテンダント・レナエマ・ワトソン)は、現地の政情を確認するために滞在していた恋人ダニエルダニエル・ブリュール)と束の間の逢瀬を楽しんでいた。しかし、突如チリ軍部によるクーデターが発生。ダニエル反体制勢力として捕らわれてしまう。レナは、謎の施設<コロニア・ディグニダ>に彼が監禁されたことを突き止めるが、なんとそこは“教皇”と呼ばれるナチスの残党、パウル・シェーファー(ミカエル・ニクヴィスト)が軍部と結びつき、神の名の下に暴力で住人を支配する“脱出不可能”な要塞だった。誰からの強力も得られないと悟ったレナは、ダニエルを助け出すため、ひとり無謀な潜入を決心する。果たして、彼女は生きて愛する人を奪還することができるのか―。恋人を救うため、脱出不可能な恐怖組織に潜入する。1973年、チリ、史実を基にした緊迫の脱出劇。

10/10点!!イギリスでの初週興収がたった47ポンド(7人しか観てない)で大コケしたと報じられていましたが、エマダニエルも素晴らしかったです!興収が必ずしも作品の出来に比例しないことを改めて証明してくれました!(*^O^*) 映画のテーマと主演二人の主義と合致してるので「真実を伝える!」という気迫が、スクリーンを通してビシビシ伝わってきました。私はエマダニエル大好き俳優なので、冒頭のダニエル裸エプロンから(鼻血出そうだった!(笑))二人のイチャイチャsweet過ぎて「ずっと観てられる・・・(*´∇`*)」とウットリしてる場面から一転、チリ軍隊無差別に連行されてからは、最後まで本当にスリリングで息つく暇もなかったです(´Д`)20世紀に入るまで、ナチの残党がチリに巨大なファームを築いて、政府ともガッチリ癒着していたなんて、ナチの残党が月から攻めてきたと同じくらい現実味がなくて、でも本作は、とてもリアルに綿密な取材を重ねて描かれているので、かなりハードボイルドな作品で見応えがあります。コロニア・ディグニダのことは少しだけ調べてから観たのですが、チリクーデターってこんなに無差別なんだとか、ピノチェト政権下の拷問施設としては、皆洗脳されてて都市から離れて隠せるし、有効だったのかなとか、百聞は一見に如かずで、観られたから考えることが出来て良かったと思える作品でした。こういう規模の汚職施設って世界にまだたくさんあるのかな?クリーンな国ですよって顔してても自分の目で確かめるまでは何も信じられないと思いました。ドイツ大使館空港にまでナチ残党の手が伸びてるなんて現代だよ?インポッシブル過ぎるよ!((;>Д<)) 非常に難しいテーマを扱っているのに解りやすくて、初めから最後までスリリングでおぞましくて、エンタテイメントとしても上質な作品です。スッピンエマダニエルの美男美女ぶりはタイタニックに匹敵します!(爆)「百聞は一見に如かず」ですよ!2016年公開。

このデジログへのコメント

  • はらぺこ 2016年09月29日 23:07

    こんな事ってあるのですね(^^
    興行が悪いかったのは何故でしょうね(^^

    ところで、ベタですが「12モンキーズ」見ました。。。
    結構良かったのに、、、最後が私にはイマイチでした(vv

  • ユリ 2016年09月29日 23:29

    > はらぺこさん
    目をそらしたくなる題材だからですかね。ドイツでも隠匿される話題らしいですし。友人も「アルゴ」観た時の衝撃!って良かったと言っていたし、お客さんはほぼ満席でしたよ。

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ユリ

  • メールを送信する
<2016年09月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30