デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

『走ることで脱貧困・暴力』

2016年09月10日 23:56

今日は
五輪が開かれたリオデジャネイロ
スラム街若者たちに陸上競技を教え、
5千人以上を育ててきた名物コーチの話。


『今大会にも教え子が●●●●代表として出場』


●に国名を入れて下さい。(カタカナで4文字)


答えは、本文で

■本文

パウロコスタさんは、NGOを立ち上げ、柔道水泳などお金のかかる習い事ができない子どもたちを30年以上、教えています。
陸上競技は、人間の原始的な力。生まれた時から走ってきた子どもたちには、すごい能力がある」
トレーニングはまず、食べさせることから始めます。
最初は、栄養失調で、走ると倒れてしまう子どもも多い。
運動だけでなく、勉強にも力を入れるように教育します。
走ることで、貧しさや暴力から抜け出す手助けをしてきました。
大会にも教え子ブラジル代表として出場しています。
「死ぬまで子どもたちを育て続ける。陸上で彼らが道を切り開くのを見るのが生きがいなんです」


朝日新聞 2016.8.17

このデジログへのコメント

  • ベソ 2016年09月11日 19:00

    まず食べさせる…の件がショックやね。でも想像できる現実。貧困の連鎖を断ち切るのはこうした行動なんやろうね。



    でも、こうして朝日新聞を引用し続けるのは国益と人類の福祉に反すると思うで。

  • RyuTa 2016年09月12日 01:33

    「朝日新聞を引用し続けるのは国益と人類の福祉に反する」
    と言うのは、どういう根拠でものを言ってるのか、わからんな。
    「国益」とは何か、「福祉」とは何か、きちんと意味を理解した上で使ってるのかな?

  • なな♪ 2016年10月02日 20:55

    ベソさん:そうですね。気になる記事をのせているだけではあるのですが

  • なな♪ 2016年10月02日 20:57

    RyuTaさん:人によりいろんな見方があるから(^^)

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

なな♪

  • メールを送信する
<2016年09月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30