デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

3泊3日四国の旅(その4)

2016年09月06日 19:11

3泊3日四国の旅(その4)

さてさて、筋肉痛もなく目覚めて二日目です
爆睡してしまったので船の時間も調べてません(笑)
今日か明日で今まで行くことができなかった大島に行ってみようと思いますが、船のタイミングは合うかな?
港に行ってみるとちょうど数十分後の船の整理券の発見前
念願の大島です
ちなみに大島とはほんの20年ほど前まで不治の病とされてきたハンセン病患者が間違った知識や偏見により隔離されていた島で、今でも治療を終えた方たちがそのまま生活されています。

船の時間が近くなってきたので桟橋へ。
おおっと、まさかの漁船ですよワイルド感があっていいですね~~~
潮風を受けながら島へ走ります。
島に着くとガイドさんが案内してくれます。外部から来た人間は決められたエリアしか入れません。
島のことを聞きながら、最初は納骨堂へ。故郷との縁を切り島で亡くなられた方々が眠っておられます。
道すがらオーストラリアから来たおじさんにカタコトの英語ガイドしつつ次は火葬場(ちっちゃい)と天地人を表したモニュメントを見た後アートエリアへ。
患者さんが住んでいた長屋に生活用具や、患者であり、写真家でもあった鳥栖喬氏の作品や病気により不自由だったため自作した補助具付のカメラなどが展示されています。
その中でも蔵書の中の旅行記や、おそらく旅行番組であろう外国の地名がケースに書かれたビデオテープを、島から出ることができない一生を運命づけられた人たちはどんな思いで読んだり、見たりしていたのだろうと思うと切なくなりました。
そうして1時間半ほどの滞在を終えて、高松へ戻りました。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ひっさん

  • メールを送信する
<2016年09月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30