デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

明日からCSだぁ~!!!

2013年10月11日 08:53

明日からCSだぁ~!!!

セ・パの順位が確定した。

 12日からは、日本一を目指したポストシーズンが開幕する。

 ワイルドカードを除けば地区優勝チームばかりが集結するMLBのポストシーズンとは異なり、日本型のポストシーズンは優勝を逃したチームの再挑戦の舞台といえる。セ・リーグ3位の広島借金を抱えたままの参戦だし、パ・リーグ3位のロッテは首位の楽天に敵地で大きく負け越して(Kスタ宮城では2勝10敗)クライマックスシリーズ(以下CS)に挑む。いわば、日本のポストシーズンは敗者復活戦のようなものだ。

 ペナントレースの成績には蓋をして、ここで勝ちさえすれば、世間の評価を覆すことができる。CSはペナントレースとは別物の戦いといっていい。

 とはいえ、CSの第1ステージで勝つことだけに、焦点を絞るべきではないと思う。2位チームには本拠地で戦いを迎えられるという営業的なアドバンテージはあるにせよ、大事なのは、ここで勝つことよりも、目下の敵はペナントレースを制した巨人楽天であるということを忘れてはいけない。

 阪神にせよ、広島にせよ、西武にせよ、ロッテにせよ。

 CSの第1ステージの戦いを通して、いかに巨人楽天との戦いをイメージできるか。

 選手の起用を含め、投手の継投など、最終ステージで勝つために、どう勝っていくかの采配がカギになる。
阪神の空気を作る「Gratiii」ポーズ。

 中でも、3年ぶりにCSの舞台に帰って来た阪神タイガースの戦いが気になる。

 今季、巨人に次いで2位となり、最大貯金17を記録した。セ・リーグの中で唯一、巨人と肉薄した戦いを繰り広げてきた。

 特筆すべきは、メジャー帰りの西岡剛がさまざまな面でチームに勢いをもたらしていることだろう。

 関西人気質でお調子者の西岡は、関西の球団でありながら、主力に関西人が少なくおとなしいチームを元気づけた。生え抜き関西人関本賢太郎との掛け合いは、吉本新喜劇を見るかのような明るさを提供した。彼ら二人で編み出した、ホームラン時にスタンドに向かってポーズをとる「Gratiii(グラティ=感謝の意味)」は、今年の阪神の威勢を象徴している。

 西岡であれ、マートンであれ、藤浪晋太郎であれ、どんな若手であれ、あの輪に入って弾ける。

 他球団からは批判の声も上がっているようだが、昨今の阪神にはなかったムードといえる。

<次ページへ続く>

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

kyoujii

  • メールを送信する

kyoujiiさんの最近のデジログ

<2013年10月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31