デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

ナス 洗顔 news 都市伝説

2013年07月23日 23:30

夏はナスが美味しい食べ物ですが、油を吸います。ナスを切る前に塩辛い程度の塩水に10分程度つけます。その後に切れば料理の油は吸わないらしいですよ


基本的な洗顔
洗顔とは顔の汚れを落とすのですが、セッケンをよく泡立てさえすれば全くこすらなくてもなでるだけで汚れは落ちるのです。ところが神経質になってこすりすぎてしまうと皮脂がなくなってしまいカサカサどころかピリピリして白い粉をふいたようになります。もしピリピリやカサカサになってしまったら一時的に洗顔セッケンで洗顔するのはやめてください。その代わりにぬるま湯を使い軽く洗顔してください。その後のお手入れもあまりたくさんのスキンケア化粧品を使わずにある程度自然にまかせれば簡単に復活します


news
パンダにそっくりなミニチュア牛が生まれる
ジョン・バーセルド氏は自身が経営する農場で、まるでパンダのような白黒模様が特徴の"パンダ牛"を繁殖しようと、7年間ミニチュア牛の飼育を続けているそうです


―紫の鏡―
「紫の鏡」、この言葉を20歳になるまで覚えていると、死んでしまうという。それは、この言葉に隠された呪いのせいだといわれている。
昔、いたずら好きの少女がいた。その少女は、両親からもらった大事な手鏡に紫の絵の具を塗った。しばらくすればとれるだろうと思っていた少女だが、どうしてもその絵の具が剥がれなくなった。そして、そのことを後悔し続け少女は「ムラサキカガミムラサキカガミ…」と呟きながら20歳の誕生日の日に亡くなってしまった。
その日以来、少女の念が「紫の鏡」という言葉に乗り移り、20歳になるまでこの言葉を覚えていた者は呪われ、死んでしまうという。
[解説]
これはかなり知名度も高い都市伝説のようです(私も小学校高学年の時聞いたな)。いつ頃から流れ始めたかわかりませんが、年代や地域によって「紫の鏡」の呼び方や、覚えているとどうなるか?という内容がかなり違ってきます。
まず覚えているとどうなるかですが、「呪われる」と「死んでしまう」の二つに分かれているようです。呪われるとありますが、実際にどうなるかは語られていないことが多いようです。その他少数では、「結婚できない」というパターンもあります。また、覚えていると駄目な年齢ですが、20歳が主流で、他には18歳、15歳なども。
また、ローカルルールで、呪いを打ち消す為の言葉があるようで、こちらは「白い(紫の)水晶」などなど。
私自身、何故か20歳になったら忘れていましたが、小学生当時にかなり出回った記憶があります。
読まれた方で19歳の方がいたらすみません

このデジログへのコメント

  • 管理貞操帯 2013年07月24日 05:21

    お肌のケアには



    金棒キシヨウ品

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

なな♪

  • メールを送信する

なな♪さんの最近のデジログ

<2013年07月>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31