デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

残された時間に向き合う

2013年07月11日 01:04

18の頃





生きている時間に






限りがあるなんて





理屈では分かっても





実感は無かった





その頃






セリーヌに夢中になっていた





墓標に





「ノン!」





と刻まれた言葉を





ずっと





想っていた





パリに行ったとき





自分は





もっと早く来るべきだと思った







高校時代






分かりもしないのに





サルトルを読み






ボーボワールに






共感してた






でも





カミユの方が





読みやすくて




今も記憶に残っている





時々思う




あと何年生きているのだろうか?





そんな時




『夜の果てへの旅』を思い出す





そして





18の時





鹿児島の友人が




『なしくずしの死』を





読んだ感想




話してくれたことを





思い出す




たしか





根津の近くで





話していたのを






思い出す





もう





35年も






前のことだ






その時から





進歩したのだろうか?





と思う時がある





世間的には





確実に進歩している






だけど




自己の世界は





進歩しているのだろうか?






と問いかける時がある






答えられないね






だから





残された時間で





何をするのか・・・





というより




何処まで出来るか?





ということを




考えている






いましていること






仕事は





2つしている






勤務と






経営と






24時間働く覚悟で





している





もちろん





結果を出していく





考えてみれば





ここ何年も





正月





お盆も





祝日も




日曜日も





休んだことが無い(笑)






休むって





勤め人(サラリーマン)の発想なんだよね・・・・






経営の立場になったら





365日





休むわけにはいかない





実際





休んでいない





元旦の日に





ずっと仕事してたな・・・・(笑)






勿論






子供のために





時間を空けて






付き合っている





普通は





そこで終わるけど





私は





付き合って





夜遅くなってから





深夜1時頃に





自分の仕事をし始める






我ながら





よくやるいよな~~~~





って思う





でもね





時間は





限られている





人間は





間違いなく







100%死ぬ運命





致死量100%の





人生なんだよね






だから






身を削っても







やるべき事を






やっていきます






少なくとも





私はそうです







だから







残された





時間に





真正面に





逃げずに






向き会うのです





このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ニコニコ1

  • メールを送信する
<2013年07月>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31