デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

七夕と星空

2013年07月06日 17:36

明日は七夕新潟では月遅れ七夕と暦通りが入交って開かれてるみたい。


織姫星と夏彦星天の川を挟んで別れ別れとなり、年に一度だけ会う事を許される。


というお話は物悲しさをもって語られ、子供たちを引きつけます。


今日はその年に一度の出会いの日・・・なんだよ~  と 待ちに待った逢瀬の喜び


を表すという夢があり楽しいお話でもあります。


芝生に寝転び天空を見上げ、


これがね~天の川だよ。   そしてこれが織姫、こっちが彦星なんだよ。


夏彦は天の川渡って織姫に会いに行くんだよ、 と 懐中電燈で天を照らす。


電燈の光がうっすらとかかる霧に映え、すーーーっと天に届く橋のように伸びて


いきます。  男と女の愛の素晴らしさを語る物語でもあります。


しーーーんと広がる静寂


紙芝居を天空を舞台にやってる気分・・・・。 はいっ今日はこれでおしまい。 帰ろうね。


旧暦七夕夏休みキャンプでの一コマでした。


知ったかぶりで解説してたあの頃が懐かしい。 笑

このデジログへのコメント

  • y・平野 2013年07月07日 13:01

    > momo.kyさん

    そう街では明る過ぎてムリ。笹ヶ峰と言う山の中のキャンプ場でのお話です。泊まり込みで自然解説をやってました。懐かしい。

  • y・平野 2013年07月07日 13:03

    > うふさん

    ありがとう。 大人でもそういう時はメルヘンチックな気分に浸り、素直なもんですよ。特に男はね。笑

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

y・平野

  • メールを送信する
<2013年07月>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31