デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

「箱入り息子の恋」レビュー☆

2013年06月28日 01:52

「箱入り息子の恋」レビュー☆

星野源主演他。恋をすれば傷を負う。いつだって僕らは傷だらけだ。天雫健太郎(星野源)は、市役所勤めで全然異性にモテない童貞こじらせ系独身男。そんな彼を見かねた両親は、親同士が婚活する“代理見合い“で美人な奈穂子(夏帆)との見合いのチャンスをつかんでくる。やがて訪れたお見合い当日、健太郎はその場で彼女に会った途端に恋に落ちるのだが・・・。真剣だからこそぶざまで、滑稽だからこそ心に刺さる“35歳の童貞男”が突っ走る、たった一度の恋の行方は果たして―。代理見合いから始まる恋と、取り巻く家族を描いた大人になりきれない大人たちの、問題山積みの感動作。

6/10点!!面白くて微笑ましいシーンは、たくさんあるのですが、コメディーというよりは、家族と恋の、ハートフルストーリーです(^-^)「箱入り」というと、今は、あまり良い意味では使わないと思うのですが、温かい素敵な家族の元で育ったという事なんですよね。健太郎と奈穂子もそう。そこから、どう生きようとするかは、本人次第だと思うのです。前半の健太郎のこじらせ具合は、ハンパなくて、親に甘えてる事にも気付いてなくて、これは駄目だーって思いかけましたが、奈穂子と出会って、自分の考えを主張し、行動し始めたら、一気に素敵男子の頭角を顕し始めます(*^_^*) 恋は、良くも悪くも、その人の素を引き出すと思うので、元々、健太郎が他人に見せてこなかった素敵な面が、奈穂子によって引き出されたのだと思いました(^-^) そして、奈穂子を演じた夏帆の透明感は、まだ健在でした♪(消えたと思ってた(爆))二人のデートシーンは、微笑ましいのと、キュンとするのと。キュンとくるシーンが、有り得ないのに、凄く共感出来て、リアルなところが良いです(^-^)v 監督の演出星野さんの演技の相乗効果なのかなと思いました。それに、ラブストーリーなのに、結構色んな事が起こって、2時間あるとは思えないくらいサクッと観れちゃいました(良い意味で。)結婚って、やっぱり家族と家族が結び付くって事なんだなぁとか、真っ直ぐな恋とか、色々、初心に返らせてくれる作品だと思いました。2013年公開。

このデジログへのコメント

  • GRAY 2013年06月28日 08:56

    とても良さそうなのに、何故 6 なの?
    興味ある映画なので、どこが良くなかったか知りたい。

  • ユリ 2013年06月28日 09:28

    > GRAYさん
    7に近いです。監督の初長編作だからか、ミニシアターの枠から出てなかった事と(大型だとたぶん通用しない)、夏帆のサービスショットが不自然にいらないシーンがあったことですかね。

  • julian 2015年10月11日 00:39

    意外とよかったです。
    事故のシーンは少しホラーは言ってましたがW
    夏帆、この作品で好きになりました。

  • ユリ 2015年10月11日 02:44

    > julianさん
    あとあとジワジワきますよね。夏帆の透明感、まだ失われてなかったですね~みんな!エスパーだよ!と同時期だったので、ギャップ萌でした。

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

ユリ

  • メールを送信する
<2013年06月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30