デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

みんなが通る路だよ。

2013年06月24日 08:18

みんなが通る路だよ。

藤浪 プロ最短4回5失点KO 4四死球暴投、4戦勝ち星なし

スポニチアネックス6月24日(月)7時1分配信
藤浪 プロ最短4回5失点KO 4四死球暴投、4戦勝ち星なし

<D・神>初回、ブランコに2ランを打たれた藤浪

 ◇セ・リーグ 阪神4-6DeNA(2013年6月23日 横浜

 藤浪も、沈んだ…。チームの連敗ストップを目指してリーグ戦再開後初めて先発した阪神・藤浪晋太郎投手(19)がプロ最短の4回で、最多の5失点でKOされた。初回に自己最速となる155キロをマークしたが、その1球をDeNAブランコに被弾。3敗目を喫し、チームの連敗も今季ワーストの「5」に伸びた。

 過去2試合、DeNA打線の前に仁王立ちした藤浪の姿は、この日のマウンド上には無かった。「イニングの先頭バッターへの四球など、基本的なことができませんでした」。わずか被安打3で5失点。自覚しているように、一人相撲だった。

 初回、いきなり先頭の石川ストレート四球を与えてピンチを招き、2死二塁からブランコに先制2ランを叩き込まれた。「同点に追いついてもらった後に四球死球リズムを悪くしてしまった」と振り返った3回にも再び先頭の石川への四球ブランコへのプロ初死球など3四死球で1死満塁の窮地。中村紀への3球目のフォーク捕手藤井彰が後逸(記録は暴投)して勝ち越され、続く荒波に2点二塁打された。自己ワーストの5失点、自己最短の4回で陥落した。

 「コンディションはよかったですし、体の状態もよかったんですが、力みがあった。力みから体が開いてしまいました」

 チームの連敗を止めたい。その一心が図らずも藤浪の投球を狂わせた。「チームが連敗していましたし、しっかり勝たせたかったんですが、粘れませんでした…」。終始フォームがバラつき、制球も定まらない。それが1、3回の失点の引き金となるイニング先頭打者への四球につながった。

 これで3敗目。とはいえ心身両面で未完成の19歳は、失敗を糧にしながら進化を続ける。この日からはセットポジション時のグラブ位置を修正。従来は体から離して顔の高さに構えていたが、クセが出にくいフォームを中西投手コーチらと話し合い、グラブを胸にピタリと付けるスタイルに変えた。この日は努力が結果に結びつかなかったが、球界のエースと呼ばれるその日を目指して試行錯誤を続ける。

 そのスケールもまた、規格外。この日の初回、ブランコへ投じた3球目の直球は自己最速を2キロ更新する155キロをマークした。結果的にはその球を右中間席へ叩き込まれたが、虎党、いや全国のファンに夢を感じさせる数字だった。イニング数を大きく上回る7三振も奪い、意地も見せた。

 これで2試合連続で、5回未満で降板。それでも首脳陣の信頼と期待は揺るがない。「きょうの投球で次の登板うんぬんということはない」と中西投手コーチ。次回登板は30日の広島戦(甲子園)の予定。臥薪嘗胆(がしんしょうたん)。苦い思いを、勝利につなげる。

 ▼阪神ボイヤー(7回に3番手で来日初登板し1イニングを1安打無失点。最速152キロ)ゼロを並べることができて良かったね。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

kyoujii

  • メールを送信する

kyoujiiさんの最近のデジログ

<2013年06月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30