デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

とりとめのない思考を徒然に。

2013年06月21日 12:30

例えばとても能力ある人がいて。
例えばとても能力ない人がいて

能力ある人がその能力を活かして輝けるのは
能力ない人のおかげともいえる。

比較対照するものがなければ
その能力が素晴らしいものかどうかわからない。

また
その能力を使える場がないと
その能力は陽の目を見ることはない。

簡単な例を挙げてみる。

医者として類い稀なる能力を持つ人がいたとして
患者さんがいないとその人は輝けないし
医者としての能力は発揮できない。

患者さんに活かされているとも言える。
活かされていることに気がついた人は腰が低い。
決して威張り散らしたりすることはない。

人と係るということは
活かし活かされる関係とも言える。

能力がないということは
人を輝かすことができる才能なのかもしれない。

自分が輝ける才能を望む人の方が多いのだろうけれど。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

tom夫

  • メールを送信する
<2013年06月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30