デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

成程話:発想の転換力

2013年06月13日 23:39

能力開発第一人者西田文郎氏の心に響く言葉より

「自分には発想力がないから考えられない」と言う人が沢山います。
はっきり言いましょう。
発想力なんていらないんです。
あった方がいいですよ。
でも、なくても全く問題にならない。
なぜならば、他人の発想をうまくパクればいいからです。
パクリ道にも流儀があります。
それは「ちょこっと変える」ことなんですね。
まるっきり同じでは訴えられちゃいますからね。
それから、パクるなら「異業界」の方がいい。
同業界からパクったらマネだのなんだのって言われますけど、異業界からパクったら、オリジナルになります。
だってその業界では、他で誰もやっていないんですから。
異業界で「これはいい」と思うことを、ちょっとアレンジして自分の会社に取り込む。
ゼロから考えるのは大変ですが、これなら誰でもできます。
私は、このすばらしいパクリ能力を「発想の転換力」と呼んでいます。
他者(異業種)のいいところをパクって、独自のものに変える能力です。
これを皆さんに持ってほしいのです。

『仕方ない理論徳間書店


常に成長し、変わり続ける企業は、規模の大小を問わず、他にない革新的な商品や売り方を開発し、それにチャレンジしている。革新的な商品や売り方を考え出すには発想力が必要。
発想力とは基本的にはモノの見方であり、光の当て方。
人と違った方向から光をあて、別の角度から眺める。
人と別の面を見ることでしか、新たな発想は生まれない。発想のヒントは異業種を見ることで生まれる。
同業種を見て競争するなら、泥沼の価格競争に陥るだけ。これは商売だけでなく、人生の生き方も同じ。
同業種の繁盛店やヒット商品しか見ていなければ、いつか必ずそっくりそのままマネしたくなる。
全く違う業種のよいところを自社に取り込む「発想の転換力」が、今こそ必要とされています。

このデジログへのコメント

  • ティムヘス 2013年06月14日 09:57

    異業種もそうですが、仕事だけでなく遊びとかの中から発想を得る事も多いですね。

  • なな♪ 2013年06月14日 13:59

    ティムヘスさん:普段の生活から得るものも同じくらいありますもんね

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

なな♪

  • メールを送信する

なな♪さんの最近のデジログ

<2013年06月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30