デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

精神医療の嘘

2013年06月07日 00:23

自殺者は年間3万人超、97年から男は急増し女も増えた

同時期にうつ病患者数も増加の一途となり、精神科製薬会社の売上も右肩上がりのままだ

てんかん薬、抗うつ薬副作用が強い

悪名高い子宮けいがんワクチンタミフルなどよりもっと悪いのだと思う

精神病院よりも街中に進出したメンタルクリニック薬物乱用疑惑がある

自殺者医療データが知りたいものだ

それ以上におかしいのは

統計によると精神科治癒退院患者は月200人、対して死亡退院患者は月1240人余・・・

有り得ないでしょ!年間15000人近くの人を殺している

精神科は病気を直すところではなく、殺してしまうところだと言う事だ

また、現在の他の病床では考えられないくらいの10年以上の長期入院も当たり前の事とされ14万人もいる、それも医療費の増加の一因となっている、患者待遇は随分改善されたというが

人をお金を生み出す動物としか思っていない?

睡眠、鎮静剤の使用料は二位のイタリアの三倍近くでで18億錠

抗不安剤の処方件数は各先進国の6倍で12000万件

抗うつ剤の売り上げは新型を含めて1700億円余

病院数1662全病院数の18.5%、病床352674全病床数の21。6%、入院患者数323000人余、治療患者数257万人、日本の人口のなんと2%超

そんなに日本人は気が狂っているの?

原子力村の連中、政治屋、そしてそれを選ぶ奴らがまともだとは思えないけれど

1.5兆円が精神科医療費として流れ、それは患者を治す事にはなっていない

統計的な月間治癒率0.006%

これは医療行為なのだろうか?

ひどい集金システム

これも棄民、あるいは姥捨て

経営のために痴呆症高齢者を積極的に受け入れる所もあるという

ホスピスのような考え方もあるが、病院は患者にとって終の棲家であってはならないと思う

本人の意思を問えない場合に、誰が何のためにそれを決定するのか?

アメリカよりは遥かにマシだが、アメリカは高額な医療費負担で中産階級を滅亡させてしまった、それはアメリカの良識の滅亡だったとも言える

日本の医療もスタッフを育てるコストがかさみ、人材が不足している、それは現場での高負担となり、真面目にやろうとしている所程、やっていけなくなる悪循環利益はうまく立ち回る一部の医者や、製薬会社医療機器だけへ流れてゆく

TPPが皆保険をなくすまでは、改善はされないまでも、このままかな?

もっと切実に必要な医療は他にあるでしょうに

知らない事は悪い事だ、知りませんでしたは言い訳にならないよ

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

  • 新規会員登録(無料)

プロフィール

TMA-1

  • メールを送信する
<2013年06月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30