デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

【今期本命ロボットアニメ】

2013年05月02日 08:10

【今期本命ロボットアニメ】

オッサン世代も大興奮!
今期の本命ロボットアニメ革命機ヴァルヴレイヴ
日刊サイゾー(2013年4月28日

 例年になく豊作といわれている2013年春クールアニメ。個人的には、その中でもロボットアニメの充実ぶりに感激しまくりなんですが、皆さんはどのロボットアニメお気に入りでしょうか。
 近年のロボットアニメというと、『ガンダム』『マクロス』『ヱヴァンゲリヲン』のような定番シリーズもの以外は、『アクエリオンEVOL』のようなネタ方面に振り切れた変化球タイプや、社会問題への意識が高すぎた『エウレカセブンAO』のような作品。はたまた美少女アニメロボットアニメのいいとこどりをしようとした『輪廻ラグランジェ』『トータル・イクリプス』など、「ロボットガッツガッツン活躍するアニメ」を期待していた自分としては、ちょいとばかり物足りない作品が多かったような印象がなきにしもあらず。
 それはそれで面白かったりするんですが、やっぱり少年が戦闘状況にいきなり巻き込まれて、最新型ロボットに乗り込んで悪戦苦闘しながらもエースパイロットへと成長していく王道ロボットアニメっていうのも見てみたいじゃないですか! そんなオールドタイプなロートルアニメファンな自分としては、今期の新作ロボットアニメには、まるで80年代前半から中盤にかけてのロボットアニメブームを思い出させてくれるような懐かしさと、現代ならではの新しさをビシバシと感じられてうれしい限りです。
 というわけで、今回はオッサン視点で今期のおすすめロボットアニメを紹介します。

■『革命機ヴァルヴレイヴ
 『ガンダム』『ボトムズ』『バイファム』など、数多くのロボットアニメを生み出したサンライズが送る最新ロボットアニメが『革命機ヴァルヴレイヴ』です。あらすじは以下の通り。
 人類宇宙に進出し70年。人口の大半が宇宙都市に移住した時代、小国・ジオールに住む高校生・時縞ハルトはドルシア軍事盟約連邦と環大西洋合衆国の戦争に巻き込まれてしまい、謎の新型ロボットであるヴァルヴレイヴに乗り込んでドルシア軍との戦いに身を投じるようになります。(ちなみにヴァルヴレイヴ登場シーンは、プールが割れてその下から出現!というもの)
 この最初の戦闘に先駆けて登場するのが、ドルシア軍の特務機関に所属する美少年5人組。彼らはジオールに潜入し、ヴァルヴレイヴ確保をもくろみます。結果的にその作戦は失敗。美少年5人組の一人・エルエルフは、ヴァルヴレイヴに乗り込むことで噛みついた相手の体内に人格移植することができるという能力を手に入れてしまったハルトに体を支配されてしまい、ドルシア軍に戻れなくなってしまう。
 そんな感じで、過去の名作ロボットアニメオマージュしたシーンが続出! それらのシーンを気まずそうにこっそり盛り込むのではなく、堂々と、かつ超ハイクオリティな作画で描くのが本作のすごいところ。「だって、面白い要素を全部ぶち込んだら面白くなるに決まってんじゃん!」とでもいうような、突き抜けた割り切りが実に心地いい限りです。
  肝心のメカアクションバッチリです。CGで描かれながらも手描きのようなニュアンスロボットが、バリバリグリグリアニメーションする様は圧巻。さらにリアルロボット的なドルシア軍メカと、スーパーロボット的なデザインアクションを見せるヴァルヴレイヴの絶妙な対比のおかげで、『レイズナー』や『ガリアン』を思わせる一対多数のバトルが展開。毎回、手に汗握るバトルを繰り広げます。
 あからさまなオマージュネタや、SFマニアの神経を逆なでするSF設定にツッコミを入れるもよし! ガチロボットアニメとして、真剣に楽しむもよし! 美形男子&女子にブヒるもよし! な『革命機ヴァルヴレイヴ』は、今期の本命ロボットアニメといえるでしょう。

■『銀河機攻隊マジェスティックプリンス
 もう一つの注目ロボットアニメが『マジェスティックプリンス』です。キャラクターデザインは『無限のリヴァイアス』『スクライド』『ガンダムSEED』『蒼穹のファフナー』でおなじみの平井久司。個人的に「平井キャラデザアニメに外れなし!」と思っているのですが(異論は認める!)、今回もその期待を裏切りません。
 宇宙に進出した人類が、謎の勢力・ウルガルの襲撃で絶滅の危機に瀕する中、落ちこぼれチーム「ザンネン5」の少年少女パイロットたちが次々と戦果を上げていく、という本作。ザンネン5の5人は、戦闘に勝つために遺伝子操作された子どもたち、というけっこう悲劇的な出自にもかかわらず、揃いもそろって天然というか緊張感ゼロで微笑ましい限り。そんな彼らが、ゆる~いチームワークを発揮して成果を上げていく姿は実に痛快。
 割とヘビーな世界観の中、マイペースになんとなく状況を打破していく主人公たちの物語は、どことなく90年代ロボットアニメ的で、ライトに楽しむにはちょうどいい感じだといえます。
 ちなみに『ヴァルヴレイヴ』は分割2クール。『マジェスティックプリンス』も2クール制作することが、すでに明らかになっています。じっくりと描かれるドラマにも期待が高まります。

■『翠星のガルガンティア』
 最後におススメするのが『魔法少女まどか☆マギカ』『PSYCO-PASS』などで話題を呼んだヒットメーカー・虚淵玄がシリーズ構成を手掛ける『翠星のガルガンティア』です。はるか未来、主人公・レドは宇宙生命体との激しい戦闘のさなかにAIで会話をすることができる人型マシーン・チェインバーと共に、かつて人類が住めなくなってしまったといわれていた地球転移してしまう。そこでレドは、言葉の通じない現地の人々との共生の道を探っていくというストーリーの本作。映画『ウォーターワールド』を思わせるスチームパンク×世紀末な世界に生きる地球人と、高度な科学技術を誇る時代から転移してきたレドの交流は、時にシリアスシビアなシーンも。それゆえに少しずつ歩み寄る両者の姿は、感動的でもあり微笑ましくもあります。
 メカ描写も見どころ満載。単騎で無双できる性能を誇るチェインバーと、質より量で押し寄せる地球の作業用ロボットユンボロイドのバトルは、まるで懐かしの『ザブングル』。オーバーテクノロジーのチェインバーが最強の名をほしいままにするのか。はたまた数で勝るローテクロボットが押し勝つのか。一筋縄ではいかない物語と合わせて、そこにも注目したいところです。
 それぞれ独自のストーリーキャラが登場しながらも、しっかりとメカが物語の中心となって活躍する今期のロボットアニメ。その内容も前評判にたがわぬ見ごたえあるものばかりです。これまでロボットアニメを見たことのない皆さんも、この機会にその魅力を味わってみてはいかがでしょうか!
(文=龍崎珠樹)

    ◆この記事の著作権は、日刊サイゾーに帰属します。◆

naoki-XYZコメント

◆You Tubeが見られない海外の方ゴメンなさい(T.T)
革命機ヴァルヴレイヴ PV ver.3』
 ★クリックでYouTubeのリンクへ(デジカフェでは再生出来ません)
   欄外クリックで本文に戻る。
   (スマホは、再生画面右上クリックで本文に戻る。)
   ↓(1:21)
http://youtu.be/bN0O9BU66Rc

【『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』予告PV】
 ★クリック動画再生開始。
   欄外クリックで本文に戻る。
   (スマホは、再生画面右上クリックで本文に戻る。)
   ↓(2:11)
http://youtu.be/Rn4vgRsZx-M

『翠星のガルガンティア 第2弾PV』
 ★クリック動画再生開始。
   欄外クリックで本文に戻る。
   (スマホは、再生画面右上クリックで本文に戻る。)
   ↓(3:33)
http://youtu.be/8pufyWbQ8-Q

気になるアニメは見つかりましたか?

個人的には、革命機ヴァルヴレイヴ(ヴが多いw)が気になりますね。

(´・ω・`)naoki-XYZ

このデジログへのコメント

  • ゆうら 2013年05月02日 21:12

    ウエストがくびれていないロボットで、登場人物があまり悩まないで、やおい的な突っ込み所満載なのが好きw

  • naoki-XYZ 2013年05月02日 23:35

    > ゆうらさん

    おお!
    ゆうらさんならではのこだわりがあるんですね

    しかし、今回ご紹介したのは、どれもウエストくびれありですw
    やおい的なつっこみどころがあるのは「ヴァルヴレイヴ」ですかね

  • 灰猫(ハイネ) 2013年05月04日 23:31

    これ、主題歌がナナさまと西川くんのコラボのアニメかしら。CMで見て気になってました~

  • naoki-XYZ 2013年05月05日 06:00

    > 灰猫(ハイネ)さん

    革命機ヴァルヴレイヴが、お二人のコラボの主題歌です♪
    なかなか面白い作品ですよ。
    要チェックです!

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

naoki-XYZ

  • メールを送信する
<2013年05月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31