デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

方言丸出し

2011年07月21日 05:55

方言丸出し

何と言うのだろう。―――それは突然現れた。マスクマンの顔をして、おどおどとした奴が、やって来た。出会いは何とも痛いのだった。――――何故って?聞きたい?
 奴はうさぎだった。それも常識外のうさぎだった。一般的には知られていたのだろう。

 うさぎの常識って言うのは、知っているつもりだった。ところが今までの経験と言うのだろうか?ただ常識として知っていたと思い込んでいた。が、今となってその常識が崩れて来た。半世紀も経ってである。
 子供の頃に飼ったことがあるから、経験豊富な知識をひけらかした。
 「まかせとけ。俺は子供の頃にはうさぎを何匹も飼っていたから、今でも育て方はバッチリよ。」還暦爺が吠えた。
 「父ちゃん。抱き方わかるか?変な抱き方をすると嫌がるんだぜ。」
 「おお。うさぎは耳を持つと大人しい。そんくらい分かっとる。」
 「お父さん。耳は血管がいっぱいあるので、持ったら、だめですよ。」
 「へぇうさぎち耳を持つもんかと思うとったわ。こんうさぎ耳がたれとるもんで、持つのが、ちょっとやりにくいと思うとったんよ。こう抱いたらいいじゃろ。」と犬を抱く
要領で両手で抱きしめた途端に、後ろ足でピョ~ンと跳ねた。その時に左腕に違和感がある。三つの線が赤く走る。じわりと線が膨らむ。
 「いて~ぇ。」とその爪で引っ掻かれた跡を見る。
 「あんた。血が出ちょるで。どうするな。」
 「カットバンがあったやろうが、あれ持って来い。」
 「病院行かんでもあんたいいんな。」と傷が意外に深いようなので、心配そうに言う。
 「バカ言うな。こんくらいで、行かるんか。うさぎぐらいで…。」とカットバンを6枚使
って、何とか傷が隠れたが、滲んで来るのは止まらない。―――これが最初の出会いだった。
うさぎを飼った経験者としての面子が潰れた時だった。これから始まる物語。

このデジログへのコメント

  • のぼ 2011年11月18日 23:31

    > めいさん続きは毎日の生活なんですが、ご希望なら日々の生活を書きましょうか。

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

のぼ

  • メールを送信する
<2011年07月>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31