デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

邦画が日本沈没なら洋画はス−パ−マンかな?

2006年07月25日 11:37

 ご存じの通りこの夏話題となってる映画の事である。ログトモの皆さんの中には何で洋画カリビアン−−じゃないの?って感覚をもってる方が多いはずだがあえてここはス−パ−マン。

 何故だか判りますか?もういろんなところで紹介さてれるから知ってる人も多いはずですが、この映画だけ3D−−いわゆる映画館で観るときだけ立体映像となってるためである。但しこれはアメリカで放映されてるときだけ、しかも全編中20分だけという条件がついてるのだが話題性としては充分であろう。

 そもそも3D映画なるもの、自分はまだ1度した観た事がない。それもPR版でやはり20~30分程度ものもだった様な感覚がある。確かに他の映画と全く違う。乗り物に乗ってるシ−ンなんか特にそうだが、何かにぶつかりそうな映像の時には思わず体をよけてしまう、それぐらいの迫力、流石にこれは普通のネットTVやレンタルでは絶対味わえない。映画館への客足回復に向けた措置としてはかなり評価できると思えるのだけど−−。

 但し、残念ながら日本では3D映画館はあまり多くないのでまだまだであろう。今回のス−パ−マンも日本で観る間は2次元映画のままなのがやや残念って感じかな。確か有楽町マリオンも3D映画館にはまだなってないはずだから、現在は全国でも数える程しか3D対応の映画館はないとは思うのだが−−。

 これから少しずつ3D映画が増えてきて、それの普及が終わってから家庭のネット配信であろう。これってまだまだ10年ぐらい先かな~って思える。但し一番困るのは、こんな事ばかりデジタル化してもな~って部分もあるよね。立体化するって事は単なるドラマの1場面でも殺人シ−ンは余りにもリアルに再生されちゃうし、R指定の映画や普通のエロビデオがそんなので出回ったらそれこそ歯止めが利かなくなる−−−そういう事にもなるっていう危険性もありそう。

 まあいずれにしても今のところ日本じゃあ今回のス−パ−マンも2次元映画のままである。技術的には可能なんだろうけどね。ここはしばらく話題性っていうことで先々に期待−−−そんなところかな。ってなぐあいで本日終了!

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

夢先案内人

  • メールを送信する
<2006年07月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31