デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

Lavenderを摘み、重ねて

2006年07月17日 00:20

...いられたら

空が
ラベンダー
染まる迄.....

草原の海は
しなやかに揺れて
さわめき.....

いつ昏れるとも
知れない
夏の日の午後の

日に焼けて
乾いた
北の大地の匂い

玉蜀黍の葉の
さらさらと鳴り、
アスパラ
男爵の畝の...

五月女王
支柱を立てた
茄子の畑の

赤茶けた表土の
さらさらと
畝を滑り流れて、

風を巻き
砂が
動いていく様に、

乾いた風の
さして豊かとも
思えない土....

昨日茹でた
玉蜀黍を見知らぬ旅人
くれたおばあさんは

近くの人にも
やさしいだろう
開拓の生き残り...

枕元に
朝起きると
びっしりと
雪が吹きこんでいた
荒屋...

その一粒、
一粒を
味いながら、

ラベンダー
摘み
重ねて
摘み...

レース
カーテンのしなやかに
揺れる窓辺に、

ラベンダー

重ねて
罪...

乾いた花の
足元に
散らして...

いつ昏れるとも
知れない
夏の日の午後に


重ねて
罪......................
空が
ラベンダー
染まる迄....

いられたら..

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

瓦礫の月

  • メールを送信する

瓦礫の月さんの最近のデジログ

<2006年07月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31