デジカフェはJavaScriptを使用しています。

JavaScriptを有効にすると、デジカフェをより快適にご利用できます。
ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてからご利用ください。

愛の誓い・・・(09)

2006年07月07日 19:12

まあ、いずれにしてもMaxと私は破滅に向かっていた。
けれど、私はMaxを失うことなんてできなかったし、
Maxも私を手放すことができなかった。

私たちは腐っていきながら、それでも繋がっていた。

1999年12月末。
仕事納めをなんとか終えた私は、
最終新幹線で着いたとある駅のホームにいた。
Maxの実家で年末年始を過ごすため。

Maxの父は起業していたから、
年末年始は両親ともに忙しく、
私とMaxはほとんど2人で過ごした。

おうちでビデオを見ながら雑談したり、
ちょっとしたことで手をつないだり、
肩を寄せたり、
遠距離の私にはどれも嬉しいことだった。
Maxと家族の一員として食事するのは実に10ヶ月ぶりのことだった。

ああ。離れなければよかった。
側にいることがこんなにしあわせなら。

でも離れなければ、私たちはお互いを壊しあっていたろう。
離れてよかったのだ。きっと。

ある日、2人で外食した。
彼が最近気に入っているレストランだという、Ma Maison。
「あっ、Maxさま。ありがとうございました~」
店主らしき人の応対で頻繁に通っているのがわかる。

デートで来てるんでしょ」
「あっ、バレてた?」
「もーほんとに、仕方ないんだから。浮気者」
「ちがうよ、ゆりこと来たいなーと思っててさ、女友達と予行演習しただけ」
「はいはい」

車に乗り込むとぎゅっと抱きしめられた。

「ゆりこ、俺さ、ほんとにゆりこだけだから」
「はいはい」
「そうじゃなくって、俺。ほんとにゆりこだけだから。
 こんなに、愛しいと思えるの、ゆりこだけだから。・・・愛してる」

真剣な声の調子と、抱きしめてくれる腕の力。
この確かなぬくもりは信じられると思えた。
「うん。私も。Maxを愛してる」
「ゆりこ」

彼を失いたくない。
やっぱり、距離を置いて正解だったのだ。
遠回りに思えても。

腐った日々を、やっと払拭することができる。
いつか、笑い話にできるよね?
ね、Max。

このデジログへのコメント

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書く

同じ趣味の友達を探そう♪

プロフィール

ゆりこ

  • メールを送信する
<2006年07月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31